TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2018 ジャッジ大会 準々決勝:砂利(富山) vs. 神結(東京)

DMGPやエリア予選などでフロアジャッジとして活動する故に、全国大会権利獲得のチャンスが無いジャッジのために開催されるこのジャッジ予選。

しかし、この会場でただ一人、ジャッジ資格を持たずに大会に参加している男がいる。

それが神結だ。

というのも、神結はDMGPやエリア予選では公式のカバレージライターとして活躍しており、ジャッジ各位と同様に全国大会権利獲得のチャンスが無いプレイヤーということで、ジャッジ大会に招待されているのだ。

トップ16では、自身がデッキを提供し「今回、自分が使っているデッキ(火水ブランド)に強いデッキを作ったので、この試合はデッキビルダーとしての自分と、プレイヤーとしての自分の戦いですね」と語ったNEX・シュウとの戦いを制した神結。

対するのは、富山から来た砂利。使用するデッキは、今回のジャッジ大会で台風の目となったキズナを活用するタイプの光単メタリカだ。

このまま神結が権利を獲得してしまったら、全国大会のカバレージが大変になりそうだという個人的な思いはないわけではないが、まずは戦いを見ていこう。
先攻:砂利

じゃんけんで先手は砂利。1ターン目に《ジャスト・ラビリンス》をマナチャージすると、2ターン目には《一番隊 クリスタ》を召喚する。

対する神結は《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》《異端流し オニカマス》とマナチャージすると、ここでいきなり≪「ぶっ飛び特攻ッス!」≫をプレイするといきなり手札を1枚とする。そして、残る1枚は当然の《“轟轟轟”ブランド》。召喚時能力でドローしたカードを捨てて《一番隊 クリスタ》を破壊しつつ砂利のシールドを2枚ブレイクし、そしてターンエンドに≪「ぶっ飛び特攻ッス!」≫でドローと、いきなりのクライマックス。
一方で、相手が派手に動いてきたものの、デッキコンセプト的にはまだ準備のターンである砂利。ここで再び《一番隊 クリスタ》を召喚すると、さらに≪奇石 ミクセル≫を召喚しターンを終える。神結は《終末の時計 ザ・クロック》をマナチャージして《“轟轟轟”ブランド》でアタック、早くも砂利のシールドを1枚とする。
追い詰められているように見える砂利だが、ここで神結が追加の打点を用意できなかったことで1ターンの猶予…… は言い過ぎだが、半々くらいの確確率で次のターンは生き延びられそうに見えてきた砂利。ブレイクによって増えた潤沢な手札から《龍装者 バーナイン》を召喚すると、さらに2体目の《一番隊 クリスタ》へとつないでターンを終える。

神結は、念願の追加クリーチャーとして《異端流し オニカマス》を召喚すると、砂利の最後のシールドをブレイクし、ここでトリガーがない。シールドがゼロとなった砂利が、触ることのできない《異端流し オニカマス》を含む2回攻撃にどう対処していくかが勝負の焦点となる。

2体目の《龍装者 バーナイン》召喚を挟んで《赤攻銀 マルハヴァン》を召喚した砂利だが、これだけでは神結が《異端流し オニカマス》から攻撃してきた場合には対処できない。しかし、続いて砂利が《ナゾの光・リリアング》を召喚し、そのキズナ能力でプレイした呪文は神結ですら想定していなかった完璧な回答だった。

その呪文とは≪センキン・ウォール≫
一気にブロッカーの数を増やし、万全な態勢を作り上げた砂利は、今度は自身が追い詰める側にまわらんと≪奇石 ミクセル≫でアタックを開始する。

このブレイクが《水晶の記録 ゼノシャーク/クリスタル・メモリー》をトリガーしてしまう。神結は再び《奇石 イシガネ/センキン・ウォール》の効果を確認すると、一気に詰め切れるカードがないかを自身のシールドのトリガーを確認しながら探していく。
神結が持ってきたカードは何か……? 状況を考えるに全体除去を持ってきたか、もしくはシールドに全体除去があるのを確認したか。そもそも場合によっては《終末の時計 ザ・クロック》がトリガーする前提で動かれてしまっていれば敗北は必至だ。長考の末に「ケアしきれねーよ」とつぶやいた砂利は《一番隊 クリスタ》2体でのアタックを選択し、神結のシールドを残り2枚とする。ここでトリガーはない。

このターンにゲームを詰め切らなければ、今度は一気に押し切られてしまう神結。《クリスタル・メモリー》で持ってきた《ゼンメツー・スクラッパー》を3マナでプレイしようとするのだが…… 砂利の盤面に《奇石 タスリク》がいるのを失念してしまう。これによって5マナすべてを使わされてしまった神結。《“轟轟轟”ブランド》のみでアタックし、砂利は《龍装者 バーナイン》でブロック。これでターンが終わってしまう。

返す砂利のターン。《一番隊 クリスタ》を召喚すると、長考。余裕を持った表情で選択を待つ神結に対して《ナゾの光・リリアング》をプレイするがキズナで使える呪文は無し。さらに《一番隊 クリスタ》へと《記憶の紡ぎ 重音》を重ねてNEO進化。攻撃時のキズナプラスで≪ジャミング・チャフ≫をプレイする。そして、次々とメタリカたちをタップし、攻撃を宣言する。

そして、自身のシールドの中身を知っている神結は、それが自身の敗北を意味する事も知っていたのだった。

Winner:砂利
PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY