TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2018 南東北エリア予選 準決勝:ZweiLance(宮城) vs. シュウヤ(福島)

 本戦から登場したZweiLanceは、相棒の『闇単デスザーク』を手に勝ち星を重ね、準決勝に辿り着いた。
 準々決勝ではあらましの『光水サッヴァーク』と大激闘。最終盤、勝敗はどちらに転んでもおかしくはなかったが、最後の最後で劇的な勝利を収めここに至る。
 一方対面するシュウヤは、ZweiLanceのファンであるという。彼が使うのは『光ゼロサッヴァーク』。GP7thで頂点に輝いたお馴染みのデッキだが、シュウヤはより爆発力のある《煌メク聖戦 絶十》を採用している。準々決勝では『ジョーカーズ』に対し一時劣勢となったものの、《煌世主 サッヴァーク†》の助力を得て見事に勝利した。

 試合前、シュウヤの超次元には《聖剣ナ・ベイベー/六剣ロール》を置かれていた。

シュウヤ「超次元使います」
ZweiLance「はい、どうぞ」

 これにはZweiLanceも少し苦笑い。
 シュウヤにとっては、これは緊張をほぐすいいやり取りだったかもしれない。やがて少し間を置いた後、試合開始の号令がなされた。
先攻:ZweiLance

 先攻はZweiLance。1、2ターン目と続けて《堕魔 ドゥシーザ》をチャージした。
 これを見た後手のシュウヤは2ターン目の≪奇石 ミクセル≫からスタートする。
 だがこれはZweiLanceの仕掛けた罠であった。

ZweiLance《堕魔 ドゥシーザ》を2枚チャージすれば、相手は≪奇石 ミクセル≫を出してくれるのではないかな、と。そうすればこちらの《堕魔 グリペイジ》が刺さるので」

 ZweiLanceの使用している『闇単デスザーク』は最近では抜いてることも多い《堕魔 グリペイジ》を採っていた。
 GP7thでぎらさきがZweiLanceに相手に取った後手2ターン≪奇石 ミクセル≫の動き。これは少なからずプレイヤーの間で話題になったが、ZweiLanceはこれを逆に利用する格好となった。
 果たしてシュウヤは想定通りに≪奇石 ミクセル≫をプレイした。ZweiLanceはここに《堕魔 グリペイジ》を合わせると、《煌メク聖戦 絶十》がポロリと零れ落ちた。
 戦況がわずかにZweiLanceへと傾く。
 それでもゲームはまだ始まったばかり。シュウヤは《剣参ノ裁キ》を唱え《憤怒スル破面ノ裁キ》を回収し、態勢を整える。
 4ターン目、ZweiLanceは悠々と《堕魔 ヴォーミラ》を召喚。この《堕魔 ヴォーミラ》はシュウヤの《転生ノ正裁Z》からのサバキZの効果を利用した《魂穿ツ煌世ノ正裁Z》に退けられるものの、ZweiLanceは返しのターンも《堕魔 ヴォーミラ》と抜かりはない。

 シュウヤは《集結ノ正裁Z》を唱え、手札を補充する。それでもこの時点で3枚。やや心許ない。
 
 6ターン目、ZweiLanceは待望の《堕魔 ヴォガイガ》をプレイする。後続の《堕魔 ヴォガイガ》を手札に加えてここは終了。
 これに対しシュウヤは5コストで《煌メク聖戦 絶十》を召喚し、表向きの盾を増やしていく。そのまま《煌メク聖戦 絶十》の軽減効果により1コストで追加の≪奇石 ミクセル≫を召喚してターンを終えた。

 ZweiLanceの盤面は《堕魔 ヴォーミラ》《堕魔 ヴォガイガ》
 対するシュウヤは《煌メク聖戦 絶十》≪奇石 ミクセル≫が2体。

 ここでZweiLanceは大きなアクションを取る。まずは《堕魔 ヴォガイガ》を召喚し《堕魔 ドゥシーザ》を回収すると、2枚の《堕魔 ドゥシーザ》を召喚。≪奇石 ミクセル≫2体を退かし、さらに宣言された無月の門が《卍 デ・スザーク 卍》を呼び出すと《煌メク聖戦 絶十》までをも盤面から排除した。

 一気に形勢が悪くなったシュウヤだが、手札の枚数も無く、チャージのみでターンを終えざるをえない。

 ZweiLanceはいよいよ《追憶人形ラビリピト》を着地させると、≪卍月 ガ・リュザーク 卍≫が後ろに控えている状況でじっくり1点1点シールドを詰めていく。
 ここまで行くと、シュウヤに逆転の目はなかった。《魂穿ツ煌世ノ正裁Z》を放ち抵抗をみせたものの、最後は《卍 デ・スザーク 卍》に貫かれて勝負あり。


Winner:ZweiLance


 必ずしも一方的な展開になるとは言い難い対面。しかしZweiLanceは見事にゲームをコントロールし、決勝進出を決めた。
 序盤にわずかに生じた綻び。いや、正確には“綻ぶよう仕向けた”という表現が正しいだろう。その綻びを突き、穴を開けると、防ぎきれないほどの大差となってゲームは決着した。
 
 対するシュウヤはZweiLanceには敵わなかった。結局プレイヤーとしての力量を見せつけられた。悔しかっただろうが、最後は憧れの相手に対して「ファンなんです、応援してます」と声援を送った。
 シュウヤは最終的には3位となった。この経験を糧に、彼はもっと強くなるはずだ。

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY