TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2019 北海道エリア予選 決勝戦:NJ(北海道) vs. なつひこ(北海道)

撮影者:瀬尾 亜沙子
ライター:秋山 大空


 通常環境とは違い『カリヤドネループ』をはじめとする強烈なデッキがいない分、『ミッツァイル』に対抗できるデッキが少ないと思われた2ブロック環境。

 北海道エリアでも予選は『ミッツァイル』系統のデッキが多く、その圧倒的な強さを見せつけた。

 決勝戦の席に着いたなつひこの『火水ジョーカーズミッツァイル』もまた、デッキタイプ名の通り《BAKUOOON・ミッツァイル》を主軸としたデッキだ。

 だが、『ミッツァイル』が多いということは、多く当たったであろう同系統のデッキを退けここまで来たということ。

 その確固たる強さをもって、なつひこは日本一決定戦への切符を賭けた試合に臨む。

 そして、飛び交う『ミッツァイル』をものともせず、決勝の舞台に上がってきた『水闇オレガ・オーラ』を使うNJ
 超CSⅢにて全国大会への切符を掴み取った“兄貴”ことミノミーの弟だ。

 ここはまだ、日本一決定戦までの旅路の途中。
 兄と同じ舞台に立つため、そして兄を超えるためには、ここで折れるわけにはいかないのだ。

 対戦の準備を進めるなつひことNJ。
 準備中、両者とも北海道のプレイヤーということもあってか、話題に上がるのは北海道出身のプロプレイヤーZweilance

 共にZweilanceと交流があったこともあり、観客も交え和やかに会話する両者。

 しかし勝負とは、観客の僅かな反応でも結果に影響を与えてしまうかもしれない繊細なもの。

 試合の準備が整いつつある今、会話の時間もあとわずか。

「試合が始まると観客は言葉を発することが出来なくなります。しかし、最後に声に出せる一言があります!皆様、『行くぞ、デュエマスタート!』のコールをお願い致します!」

と、アナウンスの声。

 勝負が始まる直前に選手以外の人間が出来ることはコールを送ることのみ。優勝の喜びを選手と分かち合うのは、もう少しだけおあずけだ。

 そうこうしているうちに、二人の準備が整った。今こそ、最後の一言を声に出す時。

「行くぞ、デュエマスタート!」


先攻:NJ


 後攻のなつひこの《メラメラ・ジョーカーズ》からゲームスタート。

 一方NJのスタートは2ターン目。《*/零幻チュパカル/*》《補充 CL-20》と共に登場。

 なつひこは速やかに≪フンバ・フライ・ダイ≫《補充 CL-20》を破壊するが、NJは《補充 CL-20》の効果で1枚ドロー。アドバンテージの消失は少ない。

 そして、NJは≪フンバ・フライ・ダイ≫を使用し手札が減った隙を見逃さない。
 《幽鬼ブチャカティ》を出し、《白皇世の意志 御嶺》がGR召喚された。《夢のジョー星》捨てたなつひこは苦しい表情だ。


 《白皇世の意志 御嶺》により、実質的に無月の大罪のデメリットが無くなったNJ。

 オレガ・オーラの連打が来る前に手札と盤面を立て直したいなつひこだが、序盤に≪フンバ・フライ・ダイ≫を使ったことによるアドバンテージ差が重くのしかかる。

 《オケ狭間 寛兵衛》《全能ゼンノー》を並べ、《BAKUOOON・ミッツァイル》への布石を打つなつひこ。


 一方NJは《ポクタマたま》をGR召喚しつつ《*/零幻チュパカル/*》を場に出す。
 続けて無月の大罪を使い1マナで《乱罪 ダイパ殺デー》をバトルゾーンに出し、なつひこの《メラメラ・ジョーカーズ》をディスカード。
 更にターン終了時に《乱罪 ダイパ殺デー》に呼び出された《ロッキーロック》を無月の大罪で破壊し、《オーマ 丙-二式》をGR召喚。

 《*/零幻チュパカル/*》《白皇世の意志 御嶺》
 この2枚がバトルゾーンにあるということは、NJの展開速度が爆発的に加速することを意味する。


 それを証明するかのように、1ターン挟んだNJは《白皇世の意志 御嶺》《極幻空 ザハ・エルハ》をつけ、無月の大罪で《斬罪 シ蔑ザンド》をバトルゾーンへ。


 《補充 CL-20》自身の《オーマ 丙-二式》となつひこの《全能ゼンノー》を破壊し、《オーマ 丙-二式》の効果で《乱罪 ダイパ殺デー》を手札に加える。
 オレガ・オーラが出たことにより、《極幻空 ザハ・エルハ》で1ドロー。無月の大罪で《補充 CL-20》を破壊して更にドロー。

 《ザババン・ジョーカーズ》を唱え、前のターンに召喚した《Wave All ウェイボール》の効果で《ジェイ-SHOCKER》をGR召喚するなつひこ。


 対するNJのバトルゾーンには、《極幻空 ザハ・エルハ》から2枚目の《白皇世の意志 御嶺》が降り立つ。
 そして2枚の《極幻空 ザハ・エルハ》で2ドロー。《幽鬼ブチャカティ》《白皇世の意志 御嶺》につけ《極幻空 ザハ・エルハ》で続けてドロー。

 なつひこは2体目の《Wave All ウェイボール》召喚しターンを終えるが、NJの手札枚数は分厚い壁となっている。
 《*/零幻チュパカル/*》を出し2枚ドロー、もう一枚を出して2枚、3枚目の《極幻空 ザハ・エルハ》で3枚…と、更に手札を充実させるNJ。
 大量の手札の中から《無修羅デジルムカデ》《斬罪 シ蔑ザンド》をバトルゾーンに送り込み、盤面の制圧にかかる。

 2体の《Wave All ウェイボール》でGRクリーチャーがなつひこのバトルゾーンに並ぶが、NJの《ア・ストラ・ゼーレ》が全て押し流す。

 次々と場に出るオレガ・オーラが稼いだ圧倒的なアドバンテージの差は、勝負を決めるには十分すぎるほどだった。


Winner:NJ


 仲間と喜びを分かち合うのは、日本一決定戦への切符を手にしたNJ。

 幾多の壁を乗り越え、彼は“兄貴”の背中を追う。

 NJが追い越すかミノミーが引き離すか。結末は日本一決定戦にて明らかになる。

 勝負の時は、すぐそこまで迫っているのだ。


PAGE TOP

TM and © 2020, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY