TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2019 北陸エリア予選 決勝戦:scarlet(新潟) vs. つむーじー(富山)

撮影者:瀬尾 亜沙子
ライター:川崎 大輔


 今年もエリア予選の季節がやってきた。

 令和最初のエリア予選開催地に選ばれたのは、北陸エリア。『シータミッツァイル(火水自然ミッツァイル)』と、『火水ジョーカーズミッツァイル』が大本命と言われたこの会場に北陸の強豪、つむーじーが持ち込んだのは、《瞬閃と疾駆と双撃の決断》をブースターとした『火光メタビート』だった。

 軽量かつ、打点につながる代わりにリソース獲得能力に乏しいピーキーな性能である《瞬閃と疾駆と双撃の決断》を使いこなし、決勝までコマを進めた。

 対するは、昨年のエリア予選ではばんぱくにトップ8で敗北し、リベンジに来たというscarlet。使用するデッキは、一見は『シータミッツァイル』……なのだが……一言でそう断言してしまうには異質なデッキリストとなっている。光文明が入ってはいるのだが、いわゆるカウンター要素に光文明を入れた『光シータミッツァイル』とも少し違うオリジナリティの高いリストとなっている。

 互いに練りこんだデッキリストを持ち込んだ二人だが、つむーじーの活動範囲が広いこともあってか、二人は多少は顔なじみのようで、試合開始前に簡単な会話をしていた。

scarlet「つむーじーさん、終わったらメシ行きましょうよ。金ないですけど」

 そんな談笑をしていた二人だが、試合が始まると勝負師の顔となる。


先攻:つむーじー


 じゃんけんで先手を取ったつむーじーが、2ターン目に《音奏 プーンギ》を召喚するが、対するscarletも、その呪文対策に引っかからない《霞み妖精ジャスミン》でマナ加速という互いに譲らない立ち上がり。

 そして、序盤にもかかわらず、つむーじーはいきなり大アクションを決める。それは、彼のデッキのキーカードといっても差支えない《瞬閃と疾駆と双撃の決断》のプレイ。選択肢は、《音奏 プーンギ》への2回攻撃と手札からの《天雷の導士アヴァラルド公》


 この《天雷の導士アヴァラルド公》《ゴリガン砕車 ゴルドーザ/ダイナマウス・スクラッパー》を含む2枚のカードをつむーじーに与え、手札消費の激しい《瞬閃と疾駆と双撃の決断》のディスアドバンテージを取り返す。さらに、つむーじーは《音奏 プーンギ》でscarletのシールドを2枚ブレイクする。

 だが、ここでトリガーするのが、またも《音奏 プーンギ》の能力にひっかからない《κβバライフ》。しかも、GR召喚でバトルゾーンに呼び出されるのは、つむーじーのデッキの勢いを削ぐ《全能ゼンノー》という、おそらく想定していた中では最悪に近いトリガーを引いてしまう。


 返しでscarletは《DROROOON・バックラスター》を召喚。GR召喚された《マリゴルドⅢ》こそ、5マナ故にマナドライブを達成しないものの、バトルによってつむーじーの《音奏 プーンギ》は破壊されてしまう。

 序盤の優位をつぶされてしまったつむーじーではあったが、《KAMASE-BURN!》をプレイすると、ここでGR召喚されたのが値千金の《ドドド・ドーピードープ》。頬っておけば自陣を完全に崩壊させてしまう《DROROOON・バックラスター》とバトルで勝てるGRクリーチャーを引き当てた事で、少考の末にバトルさせ、次へと希望を残す。

 scarletのマナは早くも6マナ。そして、このデッキには、これだけマナがあれば十分だ。


 まずは、マスターG・O・D・Sで《“魔神轟怒”万軍投》をプレイ。この無法ともいえる4マナでの3連続GR召喚は、《ポクタマたま》《天啓 CX-20》《回収 TE-10》《天啓 CX-20》でカードを3枚引いた後に《回収 TE-10》《“魔神轟怒”万軍投》を回収という悪夢のような動きを経て、残る2マナで《フェアリー・ライフ》をプレイする。

 そして、scarletのマナゾーンに置かれるアンタップの火文明カード。

つむーじー「うわぁ」

 その1マナから召喚されるのは、《κβバライフ》に擬態した《全能ゼンノー》を除く4体を破壊しての《BAKUOOON・ミッツァイル》


 GR召喚された4体は、《ダダダチッコ・ダッチー》《天啓 CX-20》、そして2枚の《オコ・ラッタ》。scarletは《天啓 CX-20》で3枚ドローし、《ダダダチッコ・ダッチー》でめくれた《霞み妖精ジャスミン》を少し悩んだ上で盤面に残すと、2体の《オコ・ラッタ》でつむーじーの《天雷の導士アヴァラルド公》《ドドド・ドーピードープ》を手札へと戻す。


 たった1マナのアクションとしては信じられない動きではあるが、しかし、緑の悪魔《マリゴルドⅢ》がめくれなかっただけでも幸運と言えるのだろうか……なんにしろ、ターンの戻ってきたつむーじーは、マナチャージして5マナ。≪ダイナマウス・スクラッパー≫で2体の《オコ・ラッタ》《全能ゼンノー》、そして《霞み妖精ジャスミン》を破壊する。なんであれ、頭数を減らしておかなければ、対戦相手は再び信じられないような1マナアクションをしてくるのだ。

 一方のscarletは、ほぼ盤石ではあるのだが、序盤の《音奏 プーンギ》での2打点でシールドが少し心もとないのだけが気がかりである。スパーク系トリガーでターンをしのがれ、返しに《MANGANO-CASTLE!》からの多打点と《“轟轟轟”ブランド》によるカウンターアタック、そのほぼ唯一といっていい負け筋をふさぐ為に、≪無双の縛り 達閃≫を召喚し、残るマナで再び《霞み妖精ジャスミン》を召喚し、バトルゾーンに残す。

 状況は改善しないまま、勝ち筋を封じられたつむーじー。だが、相手の打点をなんとかギリギリまで減らして、自分は打点を作ってワンチャンスを作る。ただ、できることをやるために《♪正義の意志にひれ伏せ》をプレイすると、GR召喚された《ブルンランブル》《霞み妖精ジャスミン》を破壊する。手札に《“轟轟轟”ブランド》を抱えるつむーじーには、常に最後のチャンスが残っていた。


 だが、その最後のチャンスも、scarletの召喚した≪龍装艦 チェンジザ≫の召喚で潰える。

 2枚のドローから≪ブレイン・チャージャー≫で≪ハリケーン・クローラー≫をマナに送ると、≪龍装艦 チェンジザ≫のディスカードの恩恵で2マナとなったマスターG・O・D・Sで《“魔神轟怒”万軍投》をプレイ。ここでめくれた《マリゴルドⅢ》《DROROOON・バックラスター》をマナゾーンから呼び出す。そして、超GRからあらわれたのは、本日3体目の《マリゴルドⅢ》、すなわち、超GRが一周してしまったのだ。

 8体を破壊して召喚した《BAKUOOON・ミッツァイル》が、すでにこれまでに見たGRクリーチャーをバトルゾーンにだし、そして、≪ハリケーン・クローラー≫でマナが回復したscarletは、≪ジャミング・チャフ≫を提示したのだった。


Winner:scarlet

 試合が終わり、表彰式が終わり、そして諸説明が終わった後、優勝者のscarletに簡単な優勝者インタビューの時間を割いてもらっていると、つむーじーが「先に行ってます」とscarletに声をかけた。

 きっと、冒頭の予告の通り、二人はこの後食事に行くのだろう。きっと、ラーメンを食べるだろう、きっと、いわゆる家系の。これは見てきたかのような予言だ。

 はげしい戦いを経た二人が、試合後の食事を通して戦友になる姿をたくさん見てきた。彼らも、今後、そのような戦友になるのではないか。これは、予言ではなく願いだ。

 そして、そんな戦友たちの願いを背負ったscarletが全国大会での活躍を楽しみにしたい。


PAGE TOP

TM and © 2020, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY