TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

DMGP3rd 準々決勝:W vs. F氏

GP3rdの長かった戦いもいよいよ終わりが見えてきた。残りラウンドはわずか3回。これを勝ち抜けば、総勢1886名の頂点に立つこととなり、いち早く日本一決定戦の切符を手に入れることができるのだ。

中にはTOP8の証であるGP仕様の 《偽りの王 ヴィルヘルム》 手に入れてほっと一息ついている人もいるかもしれない。しかし、ここまで来れば優勝をめざし、ベストを目指すのが何よりだ。

今回のフィーチャーマッチはそんな激戦を勝ち抜いてきた、だけどどこかおっとりとした2人のゲームをお届けしたい。

Game 1


先攻はw。

互いに、マナチャージを繰り返していくが3ターン目にwが動く。 《ゴーゴー・ジゴッチ》 の能力でwが手札に加えたのは、 《メガ・マナロック・ドラゴン》 。F氏は3ターン目もマナチャージのみでターンエンド。そして、wの第4ターン。 《メガ・マグマ・ドラゴン》 をマナチャージし、勢いよく3マナをひねる。

F氏「あ、それ新弾の強い奴じゃ……。」
F氏がそう言い終わる前に放たれた 《スクランブル・チェンジ》 。先ほど手札に加えた 《メガ・マナロック・ドラゴン》 が登場し、F氏の水・闇・自然とあるマナをすべて縛る。

F氏はターンが返ってくるも、出来ることがなくそのままマナをチャージするのみターン終了。続くwのターンには 《メガ・マナロック・ドラゴン》 の攻撃から 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 が革命チェンジ、 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 を引き連れてF氏に襲い掛かる。

残りシールド3枚となっていたF氏に切り返す手段は残されていないのだった。

w 1-0 F氏

Game 2


もうすでにご存じかもしれないが、TOP8以降は3本性2本先取。1本勝ったからと言って、まだ勝負はわからないのだ。しかし、このF氏、終始落ち着いていてどことなく落ち着きすぎている。先攻はF氏。

wは3ターン目の 《ゴーゴー・ジゴッチ》 から 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 を手札に加える形で、ゲームを展開する。

対するF氏も今度は4ターン目から 《フェアリー・シャワー》 を放ち、6マナへとジャンプアップする。

wの第4ターン、先ほどとはうってかわり 《メガ・マナロック・ドラゴン》 をチャージし、 《ウソと盗みのエンターテイナー》 を展開し、【天門ループ】の動きを制限する。

……はずだったのだが。

返しのF氏のターン、6マナタップして出されたのは 《黒神龍ブライゼナーガ》 !!シールドをすべて手札に加え、5枚のカードをF氏が眺め、ぽつりと呟く。

「ぁ、こりゃしんだな……。」

放たれたS・トリガーは4枚。まずは 《生死の天秤》《ウソと盗みのエンターテイナー》 を除去し、 《サイバー・ブック》 でドローし、 《目的不明の作戦》 から再利用した 《生死の天秤》《ゴーゴー・ジゴッチ》 を除去。《クリスタル・メモリー》 で山札から1枚手札に加える。

しかし、肝心の 《ヘブンズ・ゲート》 に繋ぐことができなかったのだ。そのまま半ばあきらめたかのようにターンを渡すF氏。

誰の目から見ても、終わりだと思ったこの試合。

しかし、まだ決勝トーナメントの魔物は潜んでいたのだ。

何かを念じるように力強く引いたwだが、その表情はとても暗い。彼の手札には先ほど加えた 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 があり、これを出して攻撃すればほぼ勝利確定なのだが、なんと他の手札がすべて多色となっており、このターン5マナが用意できなかったのだ!!歯噛みするように 《ウソと盗みのエンターテイナー》 を出してターン終了。

まさかの事態で九死に一生を得たF氏。しかしその成果はとても大きい。 《黒神龍ブライゼナーガ》 を蓄えた抱負の手札があるのだから。F氏は 《音感の精霊龍 エメラルーダ》 でシールドゾーンにカードを1枚加えターン終了。

wも1ターン遅れて 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 から 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 へと革命チェンジ。呼び出した 《勝利のアパッチ・ウララー》 から 《勝利のプリンプリン》 に繋ぐ事で、ブロッカーも無力化したかのように見えたのだが……めくれたカードは 《ヘブンズ・ゲート》
《ウソと盗みのエンターテイナー》 に破壊される前提で、バトルゾーンに《音感の精霊龍 エメラルーダ》 、そして 《奇跡の精霊ミルザム》 が降り立ち、6枚の束となったシールドが出来上がり、 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 のT・ブレイカーが友情コンボのように、次のシールドを開放する。

……そんな動きが2巡ほどされると、【天門ループ】はデッキの底まで掘り進み、淡々と相手に無限に 《アルカディア・スパーク》 を打つ準備ができあがる。

その様子を悟ると、wはジャッジに確認して投了を宣言するのだった。

w 1-1 F氏

Game 3


「いやぁ、時間かけちゃってすみません」

真っ先にそう謝ったのはF氏だった。のらりくらりとした印象が強いが、やはりここまできた強者ということもあり、目の前に勝ちがあればそれを掴まないはずはないのだ。

しかしながら、闘争心はほとんどうかがえず、ただただ静かに、クールに準備を進めていく。

対して、あと1歩のところまで追いつめた所をまさかの事態で返されたw。届きかけた勝利がまた遠のいてしまうことでwには、大きなプレッシャーができると思われた。

しかし、彼もまた勝利をひたすら貪欲に求める強者だったのだ。

再び先手となったwは、今度は3ターン目に 《単騎連射 マグナム》 を召喚。今までとは打って変わり、バトルゾーンに着地をする事すら許さない。3戦通して初めて遭遇するカードにF氏も苦笑いを見せる。そして今まで通り、マナチャージをするのみでターンを返すと、彼の手札から放たれたのは――
《スクランブル・チェンジ》 からの 《メガ・マナロック・ドラゴン》
そして、革命チェンジ、 《蒼き団長 ドギラゴン剣》

脅威の高速4ターンキルモードに立ち会ったF氏は、 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 のT・ブレイカーから 《転生スイッチ》 を捲り、 《単騎連射 マグナム》 のバウンスに成功するが、ほかのシールドは 《サイバー・ブック》 2枚がトリガー。

《メガ・マナロック・ドラゴン》 により、マナが実質0マナとなったF氏にターンを返し、次のターンできっちりトドメを刺すのであった。

w 2-1 F氏

Winner:w!!

時間こそそこまでかからなかったもの、非常に見応えのある試合となった。この後の2ラウンドも、見逃せない試合が続くはずだ。

果たして3度目のGPを制するのはドギラゴン剣か、別系統のアーキタイプなのかそれともまたしてもループなのか!?

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY