TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

DMGP4th Round 8:GT vs. ロマノフSign

8回戦という長い予選ラウンドもついに最終戦を迎えた。

最終戦のフィーチャーエリアに現れたのはロマノフSignとGT。二人とも成績は6勝1敗であり、決勝ラウンド進出条件である「トップ128位」を考慮すると「負けられない戦い」と言えるだろう。そんな二人の戦いをお届けしよう。
先攻をとったのは"モルトNEXT"を操るGT。マナ加速から積極的な展開を期待したいところだったが、初手に恵まれなかったか、5ターン目にロマノフSignが唱えた 《龍覇 マリニャン》《無双竜鬼ミツルギブースト》 で破壊するまで、目立ったアクションを起こすことができない。

その間、ロマノフSignは2ターン目、 《未来設計図》《龍覇 マリニャン》を獲得)、3ターン目 《青銅の鎧》 、そして4ターン目に先程獲得した 《龍覇 マリニャン》 をキャスト、と積極的に動いてゆく。

そして迎えたロマノフSignの後手5ターン目。

6マナから 《蛇手の親分ゴエモンキー!》《ベイB ジャック》《フィーバー・ナッツ》 《青銅の鎧》 と、怒涛の展開を見せる。

更に残った3マナから 《天真妖精オチャッピィ》 をキャストすると、更にマナゾーンから 《フィーバー・ナッツ》 を盤面に送り込む。これにより、ロマノフSignのクリーチャー召喚コストは3下がった事になる。

その後、 《大勇者「鎖風車」》 をキャストし、その能力でタップされたマナがすべて手札に加えられ、ロマノフSignのマナゾーンは空になる。いきなりの状況に、ギャラリー共々騒然となるが、ロマノフSignは平然とカードをプレイし続ける。
何故なら 《ベイB ジャック》 によって、バトルゾーンのクリーチャーをマナ換算できるからだ。

そして、その状態から 《未来設計図》《S級原始 サンマッド》 を手札に加え、1マナで 《青銅の鎧》 を召喚し、増えたマナからまた 《S級原始 サンマッド》 を召喚、 《アラゴト・ムスビ》 がマナゾーンに置かれる。
《S級原始 サンマッド》 とマナゾーンに置かれた 《アラゴト・ムスビ》 がタップされ、マナ爆誕によって 《アラゴト・ムスビ》 が召喚されると、その能力で 《S級原始 サンマッド》 が手札に戻り、第1のループを形成する。

そして、2枚目の 《アラゴト・ムスビ》 が手に入ると、 《大勇者「鎖風車」》 ループの進化元となる 《龍覇 マリニャン》 を探し当てた上で、 《蛇手の親分ゴエモンキー!》《天真妖精オチャッピィ》《S級原始 サンマッド》 のループで使用済みの呪文をマナに埋め、コストを4節約できる状態でアンタップマナを増やし続けるループを形成してみせる。

やがて、 《大勇者「鎖風車」》 で回収していた 《トンギヌスの槍》 で、GTのシールドを山札の下へと返していく。

その 《トンギヌスの槍》《天真妖精オチャッピィ》 で再びマナへ戻し、何事もなかったかのようにループに戻っていく。

ここに至り、ロマノフsignによる、 《大勇者「鎖風車」》 を中心とした美しいループが完成する。

「ループに入るので省略してよいですか?」というロマノフSignの確認に対し、干渉手段を持たないGTに選択肢はない。 《トンギヌスの槍》 により全てのシールド・マナを失ったGTに反撃の術は最早残されてはいなかった。

Winner:ロマノフSign!!

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY