TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

DMGP5th Round 1:竜田 vs. じゃきー

その勝負が歴史を刻む。

DMGP1stが2015年8月1日に八王子で開催されてから、丸2年。ついにDMGPも5回目となった。1stの段階では「歴史」と呼ぶには若すぎるイベントだったが、ついに「歴史」と呼ぶにふさわしいイベントとなってきたといえるだろう。

今回DMGP5thが開催されるのは京都。1stの倍以上のプレイヤーがこの京都パルスプラザに集結した。

記念すべき第1回戦のフィーチャリング席に呼ばれたのは、その2015年の日本王者「天門の鍵を持つ男」じゃきーだ。

2015年の全国大会を 《ヘブンズ・ゲート》 で優勝したじゃきーだが、開始前の超次元の内容を見る限り、今回も 《ヘブンズ・ゲート》《ドラゴンズ・サイン》 を使用したデッキを使用しているようだ。

対するのは、DMPランキングでは千葉県30位の竜田。使用するデッキは、光自然を中心としたビッグマナだ。

果たして、日本王者が再び天門の鍵を開けるのか、それとも対戦相手が天門をたたき破るのか。

じゃんけんで先攻はじゃきー。1ターン目に 《時の秘術師 ミラクルスター》をマナチャージ。対する竜田は2ターン目に 《ピクシー・ライフ》 をプレイし、マナ加速する。

続く3ターン目に竜田が 《霞み妖精ジャスミン》 《フェアリー・ライフ》 とマナ加速を重ねる一方でじゃきーはマナチャージを続けるのみ。
じゃきーの初アクションは4ターン目の 《コアクアンのおつかい》 。これでめくれた 《ドラゴンズ・サイン》 《アルカディア・スパーク》 《レインボー・スパーク》 の3枚を手札に収める。

返しで竜田は 《超次元シャイニー・ホール》 から比較的懐かしいクリーチャーである 《時空の精圧ドラヴィタ》 をバトルゾーンに出す。 《龍聖霊ウィズダムフェウス》 でを 《ミラクルストップ》 手に入れ、 《アルカディア・スパーク》《時空の精圧ドラヴィタ》 をどかす。

竜田は 《セブンス・タワー》 でさらにマナ加速。そして 《未来の玉 ダンテ》 を召喚して 《ピクシー・ライフ》 を回収するとそのままプレイし、《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》 をマナゾーンから回収する。じゃきーは竜田にマナの枚数を確認し、それに竜田は「10」と返答する。

つまりは、次のターンに 《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》 が登場してしまう。長考の末、じゃきーは 《レインボー・スパーク》 で2枚ドローし、ターンを返す。
しかし、ここで竜田がチャージしたマナはレインボーマナ。使えるマナはまだ10マナなので、竜田はターンを返すのみ。だが、ここで得たターンにじゃきーも 《レインボー・スパーク》 でさらなるドローしかできない。

そしてついに 《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》 が召喚されてしまう。手札に戻る 《龍聖霊ウィズダムフェウス》

竜田は、じゃきーの手札が7枚なのを確認すると、 《サイバー・N・ワールド》 を召喚し、互いの手札の枚数をリセットする。竜田は残ったマナで 《超次元シャイニー・ホール》 をプレイすると、再び 《時空の精圧ドラヴィタ》をバトルゾーンに出す。

《龍素記号Sr スペルサイクリカ》《超次元シャイニー・ホール》 を回収して今度は 《時空の雷龍チャクラ》 をバトルゾーンに出す。返しでできる事のないじゃきーは、 《時空の雷龍チャクラ》 の覚醒を許すしかない。

ついに竜田が攻撃を開始すると、じゃきーには対応する術はないのだった。

Winner:竜田

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY