TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

DMGP5th 準々決勝:かめ vs. しあ

対戦前に多少の雑談を交わし合うかめ、しあ両選手。だが、その瞳には両者ぎらぎらと闘志の炎が燃えている。
かめはここまで「火自然バイク」を手にここまで駆け上がってきた。流行の「火水バイク」ではなくあえて、自然文明をとることによって 《桜風妖精ステップル》《虹彩奪取 トップラサス》 の2枚の初動となるクリーチャーを採ることができ、より安定し、かつ攻撃的なデッキレシピとなっている。

一方、神奈川の強豪プレイヤーしあが使うのは「光水ロージアダンテ」。その名の通り 《真・龍覇 ヘブンズロージア》 による強力なドラグハ―トを展開すると同時に 《真・龍覇 ヘブンズロージア》 自体が《時の法皇 ミラダンテXII》の革命チェンジ元となるという非常に合理的なデッキだ。

それぞれ現環境を代表する攻撃的なデッキ対守備的なデッキのマッチング。果たして勝利の女神がほほ笑むのはどちらの選手か。

Game 1


先手はしあ。
互いに初動が引けない中、最初に動いたのは後手4ターン目、かめの 《獣軍隊 ヤドック》 。これにより次のターンにプレイしようとした、しあの 《ドラゴンズ・サイン》 が完全に腐ってしまう。

なんとか 《獣軍隊 ヤドック》 の縛りを抜け出したいしあは続く先手5ターン目に 《ドラゴンズ・サイン》 を唱えてあえて 《真・龍覇 ヘブンズロージア》 を場に出す。
これにより 《獣軍隊 ヤドック》 の効果を逆手に取り、6マナまでマナを伸ばす。これで次のターンから 《獣軍隊 ヤドック》 の効果を受けずに 《真・龍覇 ヘブンズロージア》 などの強力なクリーチャーを場に出せる算段だ。

この機に盤面をそろえたいかめは、返しのターンに 《轟速 ザ・マッハ》 。その効果で 《超音速 ターボ3》 を手札に加える。
だが7マナまで達した6ターン目しあのターン。 《真・龍覇 ヘブンズロージア》 から、その効果で 《真聖教会 エンドレス・ヘブン》 が場に出される。《真・龍覇 ヘブンズロージア》 のマナ武装も加味し、非常に堅い守りとなったように見えた。 しかし、続くかめのターン。2枚目の 《轟速 ザ・マッハ》《轟く侵略 レッドゾーン》 を手札に加えると、そのまま1体目の 《轟速 ザ・マッハ》 で攻撃。
侵略するのは手札にため込んでいた 《熱き侵略 レッドゾーンZ》《超音速 ターボ3》 !さらにその効果でしあのシールドの 《アルカディア・スパーク》 を焼却!!!

もう一体の 《轟速 ザ・マッハ》《轟く侵略 レッドゾーン》 に侵略すると返すトリガーもないしあは 《獣軍隊 ヤドック》 によるダイレクトアタックを受け入れるのだった。

かめ 1-0 しあ

Game 2


本グランプリ5thではマッチにおける2戦目以降はその前の試合の敗者が先行となる。

再度先行のしあとしては先ほどの敗北をなんとか取り返したいところだ。

先に動いたのはまたしても後手のかめ。2ターン目に 《桜風妖精ステップル》でマナを加速すると、次の3ターン目にはバイクというアーキタイプにおける伝統的、だが現在でも強力なプレイである 《轟速 ザ・レッド》 からの侵略《熱き侵略 レッドゾーンZ》

その効果でしあのシールドの 《レインボー・スパーク》 を焼却し、さらに2点を叩きこむ。

後がないしあ、しかし4ターン目にできることは 《コアクアンのおつかい》で手札を整えることのみだった。

しかし、ここでかめの 《熱き侵略 レッドゾーンZ》 がしあのシールドをすべてブレイクした瞬間、しあのシールドが光る。

《レインボー・スパーク》《アルカディア・スパーク》 の2連シールドトリガーによりかめの進撃を食い止めると同時に1ドロー。

シールド0枚の状態で首の皮1枚つながったしあ。どうにかして生き残らねばならない。
手札を見て考え、盤面を見て考え抜いた返しのターン、手札から出したのは《音感の精霊龍 エメラルーダ》 !!

手札1枚をシールドに埋めて最後の望みに賭ける。

かめは返しの後手5ターン目にここは攻め時と言わんばかりに 《熱き侵略 レッドゾーンZ》 で埋められたシールドをブレイク。
埋められていたのは 《ドラゴンズ・サイン》 だ!
その効果により手札から場に出された 《真・龍覇 ヘブンズロージア》 により《真聖教会 エンドレス・ヘブン》 が建設される。

このターンを 《真・龍覇 ヘブンズロージア》 のシールドセイバー、 《真聖教会 エンドレス・ヘブン》 のシールド追加で受け流すしあ。
返しのターンで 《Dの楽園 サイケデリック・ガーデン》 を展開し、 《音感の精霊龍 エメラルーダ》 がかめの 《熱き侵略 レッドゾーンZ》 に攻撃すると同時に革命チェンジ 《時の法皇 ミラダンテXII》 に!!

さらに 《Dの楽園 サイケデリック・ガーデン》 のD2スイッチで潤沢な手札から2枚がシールドゾーンに送り込まれる。

順調に守りを固められ後がないかめ。盤面にいる 《轟速 ザ・レッド》《超音速 ターボ3》 に侵略すると同時に 《》 に禁断開放をし最後の攻勢をしかける。

《時の法皇 ミラダンテXII》 を封印しつつ、そのままシールドへ殴り込みにいくかめだったが、埋め込まれたシールドは 《アルカディア・スパーク》!!!
かめ「やっぱりあるかーー!!」

結果、無残にも 《》 は光の彼方へと消えていった……

かめ 1-1 しあ

Game 3


1-1ともつれ込んだ3ゲーム目。これまで一進一退の攻防を繰り広げてきたしあとかめ。攻めと守り。最後に勝利をつかむのははたしてどちらか。
先手はかめ。2ターン目に 《桜風妖精ステップル》 からの順調な滑り出し。

そして3ターン目には 《轟速 ザ・レッド》 !!ダイレクトアタックからの《熱き侵略 レッドゾーンZ》 が無防備なしあのシールドを襲う。

なんとかして返したいしあだが無情にもシールドトリガーは無し。返しのターンも 《コアクアンのおつかい》 による手札補充しかできない。
そして来たる4ターン目、2枚目の 《轟速 ザ・レッド》 から侵略してきたのは、2体目の 《熱き侵略 レッドゾーンZ》 ……!

しあは最後のブレイクシールドに賭けるも、シールドトリガーはないまま……潔く敗北を認める他ないのだった。

かめ 2-1 しあ

「やっぱ 《獣軍隊 ヤドック》 がつらかったですね。こっちのデッキにものすごい刺さってつらかったです。」と対戦後にしあは語る。

メタを読み切り、自然文明の力を得たバイク。

あとはかめが玉座までただひたすらに爆走するのみである。

Winner:かめ

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY