TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

DMGP6th Round 1:スタープレイヤー藤木 vs. とりあえず吾輩


スタープレイヤー藤木
 A席:ナツメ B席:ウスラトンカチ C席:ぎらさき

とりあえず吾輩
 A席:キンッキンのビール B席:さいば C席:素手喧嘩

いよいよ始まったDMGP6th。

6回目のGPは初となるチーム戦ということで前回のGP覇者のナツメのチームであるスタープレイヤー藤木とりあえず吾輩の一戦をお届けしよう。

スタープレイヤー藤木はGP5th覇者であるナツメ、2017年度DMPランキング2位のぎらさき、そして超CS熊本の3位であるウスラトンカチと、スタープレイヤーに相応しいメンバーとなっている。

ゲームが始まる前から、B卓のウスラトンカチとお互いの対戦相手の超次元ゾーンを確認し合い相手のデッキの予想を絞るナツメ。

これもチーム戦ならではのやり取りと言えよう。

じゃんけんの結果、キンッキンのビールの先攻でデュエマスタートとなった。

キンッキンのビールが《ブレイン・タッチ》をマナチャージしてターンを終え、最初に動いたのは後攻のナツメとなった。

《未来設計図》をマナチャージして《冒険妖精ポレゴン》召喚とロケットなスタートを切る。

キンッキンのビールが次のマナチャージで《龍素記号Sr スペルサイクリカ》をマナチャージしてターンを返せばナツメは《スナイプ・モスキート》を召喚の後に《冒険妖精ポレゴン》《二族 ンババ》に革命チェンジさせる。

1ターン目から押せ押せで攻めるナツメに対して、キンッキンのビールは3ターン目にしてようやくカードの使用にありつける。

《ブレイン・タッチ》を唱え何とかナツメの勢いを抑制したいのだが、ここでナツメ手札から零れ落ちたのは先ほど革命チェンジを成し遂げた《冒険妖精ポレゴン》

こうして盤面に触られることのなかったナツメにターンが渡ると《次元の霊峰》を唱え《時の法皇 ミラダンテXII》を手札に加える。

ナツメが山札からクリーチャーを探している間にテーブルの奥からぎらさきの勝利の声が聞こえる。

こうなるとスタープレイヤー藤木側は後一勝、とりあえず吾輩側はどっちも負けられないと構図が変化してくるのもまたチーム戦特有の現象なのだろう。

ナツメは更に《未来設計図》《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》を手札に加える。

準備は万全となり《二族 ンババ》《時の法皇 ミラダンテXII》へと革命チェンジさせると、ファイナル革命の能力に加えて手札から《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》の呪文が唱えられキンッキンのビールの身動きが一気に封じられてしまう。

キンッキンのビールのシールドが3枚ブレイクされると、最後に残った1枚を《スナイプ・モスキート》《二族 ンババ》に革命チェンジしながら突っ込み一気にシールドが0枚に。

マナチャージをするものの、解答策の無いキンッキンのビールは投了を宣言。

デッキタイプは前回と違えど、デッキの顔となる《時の法皇 ミラダンテXII》を巧みに使いこなし電光石火の勝利となった。

winner:ナツメ


その後、水闇自然《水上第九院 シャコガイル》デッキを使うウスラトンカチと、《卍 デ・スザーク 卍》のデッキを使うさいばの戦いを両チームが一丸となり進める。

各種ニンジャ・ストライクと《水上第九院 シャコガイル》の大量ドローによってゲームのペースを完全に掌握したウスラトンカチがゲームを決め初陣を華々しく飾ったのであった。


チーム成績
スタープレイヤー藤木 3-0 とりあえず吾輩

winner:スタープレイヤー藤木
PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY