TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

DMGP7th 準々決勝:ZweiLance vs. ちょこくっきー


2Bye(2不戦勝)明けのRound 3でZweiLanceが配信席へと呼ばれた時、生配信でのコメント欄には、その名をモジッた「2ByeLance」の文字列が散見された。

そして、準々決勝で再び配信席へとあらわれたZweiLance。実況席から、そして、コメント欄で呼ばれた呼び名は「無敗Lance」だった。

そう、予選ラウンドを不戦勝含めて全勝で突破したZweiLanceは、当然シングルエリミネーションの決勝ラウンドも勝ち続け、準々決勝の席へとたどり着いたのだ。

ここまで積み重ねてきた勝ち星は、なんと10。ここまでくると、この連勝記録がどこまで続くかにも興味が出てくる。

準々決勝でZweiLanceと対するのは、ちょこくっきー。使用するデッキは、一般的ないわゆる『火水クラッシュ』デッキとはかなり構成が違う火水デッキ。具体的には、コントロールよりなパーツの大部分を、《“罰怒“ブランド》《ダチッコ・チュリス》へと入れ替えた攻撃的な『火水ブランド』とでも呼ぶべきビートダウンデッキだ。

圧倒的な防御線を、その積み重ねたプレイスキルで守り切るZweiLanceの連勝記録を、ちょこくっきーの2種の「ブランド」は打ち破ることはできるのか。


Game 1

先手のZweiLanceは《堕魔 ヴォーミラ》をマナチャージしてターンを終える。返してちょこくっきーは《終末の時計 ザ・クロック》をマナチャージ。

ZweiLanceは2ターン目に《堕魔 ドゥリンリ》を召喚し、墓地をためる準備を開始、対するちょこくっきーは返しのターンにアクションは無し。続くターンにここでZweiLanceは長考を重ねた末にカードはプレイせず、《堕魔 ドゥリンリ》で墓地を増やすのみのターンエンド。

ちょこくっきーは3ターン目にもアクションは無し。ここまで手札を溜め込んでいるちょこくっきーに対して、4ターン目にZweiLanceを《追憶人形ラビリピト》を呼び出す選択肢もあるのだが、ここでのZweiLanceの選択は《堕魔 ヴォガイガ》

召喚に対応して《卍 デ・スザーク 卍》の無月の門を宣言すると、3枚のカードが墓地に落ちたことで、ここまで2ターンの《堕魔 ドゥリンリ》と合わせギリギリで魔導具が墓地に2枚となる。結果、無月の門が開放し《卍 デ・スザーク 卍》が召喚される。

とりあえず、目先の脅威へと対応するべくちょこくっきーは《“必駆”蛮触礼亞》をプレイすると、《“轟轟轟”ブランド》をバトルゾーンに呼び出し、《卍 デ・スザーク 卍》とバトル、さらに手札を1枚ドローしてアドバンテージを失わずに《卍 デ・スザーク 卍》を処理することに成功する。

とはいえ、《ドンドン吸い込むナウ》などでの手札戻しと違い、墓地にリソースがある状態を維持できているZweiLance。このターンはマナチャージをせずに《堕魔 ヴォガイガ》を召喚すると、墓地をさらに増やしてターンエンド。墓地の≪卍月 ガ・リュザーク 卍≫を呼び出すか一瞬考えるが、そのままターンを終える。

自分のターンエンドに≪卍月 ガ・リュザーク 卍≫が出てくる気配が濃厚なちょこくっきーは一気にゲームを決めるべく《“罰怒“ブランド》《“必駆”蛮触礼亞》で呼び出し《堕魔 ヴォガイガ》とバトルする。さらに手札が1枚になったので《“轟轟轟”ブランド》をマスターGGGで召喚する。1枚ドローするとここで《“罰怒“ブランド》でアタックし、ターンエンドに《“必駆”蛮触礼亞》の効果で《“罰怒“ブランド》を破壊する。

ZweiLanceは《堕魔 ドゥシーザ》から《堕魔 ドゥリンリ》を呼び出し、無月の門で《卍 デ・スザーク 卍》を呼び出すと、バトルゾーンに残った《“轟轟轟”ブランド》を破壊する。

ここで後続が止まったちょこくっきーは手札を1枚残してターンエンド。

そして、ここからはZweiLanceによる緻密かつ真綿で首を締めるかのようなプレイが決まっていく。

まずは、ちょこくっきーの手札に残された《“乱振”舞神 G・W・D》《追憶人形ラビリピト》の登場時能力で叩き落としたZweiLanceは、少考の後に《卍 デ・スザーク 卍》でアタック。このW・ブレイクで手札に加わったカードは、ターンエンドに無月の門・絶で≪卍月 ガ・リュザーク 卍≫を召喚し、ちょこくっきーの手札を全て叩き落とす。

次のターンでは、《堕魔 ヴォガイガ》の召喚から1マナ軽減の《堕魔 ドゥポイズ》を召喚すると《堕魔 ドゥポイズ》≪卍月 ガ・リュザーク 卍≫を破壊させ、アタックは行わず、ターンエンドに≪卍月 ガ・リュザーク 卍≫を再度召喚し、ちょこくっきーの手札から《ドンドン吸い込むナウ》を捨てさせる。

落ち着いて相手の手札をじっくりと攻めていくZweiLance。

そうして、状況を整えつつ、再びちょこくっきーのシールドを《堕魔 ヴォガイガ》でアタックするのだが、ここでちょこくっきーの3枚目のシールドから《ドンドン吸い込むナウ》がトリガーし、一旦ZweiLanceの手が遅れる。

しかし、すでに開ききってしまった無月の門からは逃れられない。

ちょこくっきーは《“轟轟轟”ブランド》を召喚するが、続く有効打はない。手札の《“罰怒“ブランド》を捨てて《堕魔 ヴォガイガ》を破壊する。

ZweiLanceは、タップインの《“轟轟轟”ブランド》≪卍月 ガ・リュザーク 卍≫で殴り返すと、再び1枚のシールドを《堕魔 ヴォガイガ》でブレイクし、またも無月と《追憶人形ラビリピト》のコンボでディスカードさせる。

続くターンの最後のシールドもトリガーせず、まずはZweiLanceが1本を先取する。

ZweiLance 1-0 ちょこくっきー

相手が手札を使い切るタイプのデッキであることを踏まえてか、序盤を耐えた上で、相手の逆転の可能性が最も低い手を打ち続けたZweiLanceがまずは1ゲームを取り、このグランプリでの連勝記録を11へと伸ばす。


Game 2

今度は先手となったちょこくっきーは《“必駆”蛮触礼亞》をマナチャージ。対するZweiLanceはこのゲームでも2ターン目に《堕魔 ドゥリンリ》を召喚する。

3ターン目まで互いにアクションは無し。続く4ターン目に《“必駆”蛮触礼亞》から《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》を呼び出し、アタックすると《堕魔 ドゥグラス》がトリガー。ここでちょこくっきーはターンを終えるのだが、ターンエンドに《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》が破壊され、追加ターンが発生する。ちょこくっきーの残る手札は1枚。

ちょこくっきーは追加ターンで《ドンドン吸い込むナウ》をプレイすると、《“轟轟轟”ブランド》を手札に加えつつ《堕魔 ドゥリンリ》を手札に戻す。そして、この《“轟轟轟”ブランド》を召喚し、能力でドローすると……これが《“轟轟轟”ブランド》の2枚目!!

ボルトよろしく《“轟轟轟”ブランド》の分身に成功したちょこくっきーは一気に攻勢モードとなるのだが、1枚目の《“轟轟轟”ブランド》のシールドブレイクで《撃髄医 スパイナー》がトリガーしてしまい、2枚目の《“轟轟轟”ブランド》が破壊されてしまう。

そして、先程手札に戻されたのとあわせて2体の《堕魔 ドゥグラス》を召喚したZweiLanceは無月の門で《卍 デ・スザーク 卍》を呼び出し、残る《“轟轟轟”ブランド》も破壊する。返すターンにちょこくっきーはアクションが出来ない。この手札に残したカードを《追憶人形ラビリピト》でディスカードさせるZweiLance。

ある意味では初期手札のリソースによる爆発力が持ち味のちょこくっきーのデッキは、やはりこの状態に持ち込まれてしまうと一気に厳しくなってしまう。有効なアクションができないちょこくっきーを尻目に、ZweiLancceは《堕魔 ヴォガイガ》から《堕魔 ヴォーミラ》を回収する。

続くターンもマナチャージのみのちょこくっきーに対して《堕魔 ヴォーミラ》を召喚し、そして効果によって墓地から《堕魔 グリナイブ》を召喚する。

ちょこくっきーは、ここで引き当てた《ドンドン吸い込むナウ》をプレイすると、《“乱振”舞神 G・W・D》を手札に加え、《卍 デ・スザーク 卍》を手札に戻すことを宣言するのだが……ZweiLanceは「こんなこともあろうかと」といった具合に、先程召喚していた《堕魔 グリナイブ》がウルトラセイバーを発動させる。

ちょこくっきーは《“乱振”舞神 G・W・D》をB・A・Dで召喚し、《堕魔 ヴォーミラ》とバトルし、ドローした後にターンを終了し《“乱振”舞神 G・W・D》を墓地に置く。

返すターンにZweiLanceは《堕魔 ヴォガイガ》の2枚目を召喚すると《堕魔 ヴォーミラ》を回収。2マナ軽減の《堕魔 ヴォーミラ》を召喚し、さらに残る1マナで墓地からまたも《堕魔 グリナイブ》を召喚する。

そして、自身のターンエンドに≪卍月 ガ・リュザーク 卍≫を呼び出し《追憶人形ラビリピト》で手札に抱える《“必駆”蛮触礼亞》をディスカードさせる。ちょこくっきーは、続くターンにZweiLanceの墓地の魔導具を確認すると《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》をマナチャージ。

《堕魔 ドゥポイズ》を召喚し、無月の門を宣言すると、さらに《堕魔 ドゥポイズ》《卍 デ・スザーク 卍》を破壊する。そして、ここからGame 1と同じく、慎重にゆっくりとちょこくっきーのシールドを剥がしてく。

まずは《追憶人形ラビリピト》で、そして《堕魔 グリナイブ》でアタックと、シールド2枚をブレイクすると、ここでアタックを止め、墓地の≪卍月 ガ・リュザーク 卍≫を無月の門・絶で呼び出し、2枚の手札をディスカードさせる。

ちょこくっきーは1枚手札を抱えたままターンを終える。

この手札をZweiLanceは《追憶人形ラビリピト》の召喚で捨てさせると、またも《堕魔 ドゥポイズ》≪卍月 ガ・リュザーク 卍≫を墓地に落としてから、元々バトルゾーンにいた《追憶人形ラビリピト》でまずは1枚ブレイクする。

ちょこくっきーは、ここで《ドンドン吸い込むナウ》をトリガーさせ、《“乱振”舞神 G・W・D》を手札に入れると、長考の末に《卍 デ・スザーク 卍》を選択するが、これはやはり《堕魔 グリナイブ》でウルトラセイバーされる。そして、ターンエンドにZweiLanceは、≪卍月 ガ・リュザーク 卍≫を無月の門・絶し、《“乱振”舞神 G・W・D》をディスカードさせる。

ここでドローしたのは《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》。これをB・A・Dで呼び出しターンを得るのだが、≪卍月 ガ・リュザーク 卍≫でマナがアンタップせず、十分なアドバンテージとならない。

ZweiLanceは《追憶人形ラビリピト》でアタック。これは《爆殺!! 覇悪怒楽苦》がトリガーするのだが、これは最後から2枚目のシールド、つまりはスーパー・S・トリガーではない。

そして、スーパー・S・トリガーでなかった《爆殺!! 覇悪怒楽苦》に、ZweiLanceのドルスザクたちを止めるだけの力はなかった。

ZweiLance 2-0 ちょこくっきー

ZweiLanceの連勝記録は12となった。

果たして、ZweiLanceの連勝記録を止められるプレイヤーはトップ4に居るのか。それとも全勝優勝という最高の形で自身の強さを世に示すのか。
PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY