TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

DMGP8th DAY1 Round 3:えんがわ vs. L

 予選3回戦、いよいよ2Bye持ちの選手が野に放たれ、前回GP覇者えんがわが姿を現した。

 前回のDMGP7thでは『白ゼロ《煌世主 サッヴァーク†》』を見事に操り頂点に立ったえんがわ、今回も使用デッキ、プレイング共に注目していきたい。
 対するは2018年度DMPランキングを神奈川17位でフィニッシュした。前回覇者を前にしても臆している様子は一切無く、これは見応えのある試合になると期待が高まる。

 それでは注目の試合内容を見ていこう。

 お互い落ち着いた雰囲気でのじゃんけんの結果、先攻はLでデュエルスタート。


先攻:L
 まずLは《天地命動 バラギアラ/輪廻暴氷》をチャージし、これでLのデッキが『バラギアラコントロール』である事が判明した。続くえんがわは少し考え、《ゴリガン砕車 ゴルドーザ/ダイナマウス・スクラッパー》をチャージしてターンを返す。

 えんがわのデッキはまだ完全には分からないが、恐らく早期に殴りかかっていくデッキである事が予想される為、この時点でコントロールデッキ対ビートデッキの構図となった。
 次のターンもLはマナを埋めるのみで、ファーストアクションはえんがわとなり、このターンのチャージでえんがわの使用デッキが『赤白轟轟轟』である事が明らかとなる。えんがわは≪奇石 ミクセル≫を出す事を考えたのだろうか、小考の後《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》をマナに埋め、《ヘブンズ・フォース》から≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫ を繰り出した。
 そのままシールドに襲いかかると、1枚目は何もなかったが2枚目で《マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド》が盾からめくれ≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫は退場となった。盾を2枚失ったLは≪魂フエミドロ≫で2ブーストし順調な動きをみせるのに対し、えんがわは少し弱い動きとなってしまっただろうか《♪正義の意志にひれ伏せ》を唱えGR召喚で《無罪 TV-30》を場に出しターンを返す。

 相手の場に1体だけ生き物が残ったこの状況、Lの強い動きはやはり《始虹帝 ミノガミ》であると思われるがどうやら手札になかったようだ。が、≪奇石 ミクセル≫を場に出し更に残った4マナで≪輪廻暴氷≫を唱え、十分と言って良いだろう動きをしてターンを返した。

 何とか攻勢な状況に持って行きたいえんがわだっだが、不運にも手札で《“轟轟轟”ブランド》と更にこのデッキの秘密兵器と言えるだろう《BAKUOOON・ミッツァイル》がかさばってまい、ここは前のターンにもチャージした《“轟轟轟”ブランド》の2枚目を再びマナに埋め《無罪 TV-30》でシールド割りにいくと、Lは小考の後≪レレディ・バ・グーバ≫をトリガーさせ、《無罪 TV-30》を破壊した。少考があったのは恐らく≪レレディ・バ・グーバ≫の上面である≪ツインパクト・マップ≫を手札に残しておくか悩んだのだと思われる。
 相手の盤面を空にし迎えた自ターン、Lは6マナを捻り≪龍装艦 チェンジザ≫を繰り出し、≪ジャミング・チャフ≫を唱えターンを返す。
ここで何か有効な動きがないと厳しいえんがわだが、じっくり考えマナをチャージし≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫を召喚、残り2枚のシールドを割り切りにかかるも1枚目で《レレディ・バ・グーバ/ツインパクト・マップ》を踏んでしまい、≪ジャミング・チャフ≫により≪ダイナマウス・スクラッパー≫すらも封じられてしまう。
 ターンを得たLは≪レッツ・ゴイチゴ≫でマナを増やし《始虹帝 ミノガミ》を場に出すと、≪龍装艦 チェンジザ≫でシールドを砕きにいく時に能力で≪六奇怪の四 ~土を割る逆瀧~≫を手札から捨てそのまま唱え、相手に手札を与えるも《始虹帝 ミノガミ》≪六奇怪の四 ~土を割る逆瀧~≫により反撃のチャンスは与えない。
 いよいよ追い詰められたえんがわは、相手の墓地を入念に確認した後≪ジャミング・チャフ≫を唱え、恐らく次に姿を現すであろう複数のバラギアラによるループを防いだ。しかしLの盤面には既に十分な打点があり、盾から《ヘブンズ・フォース》をトリガーさせるも止めることはできず、そのままえんがわへのプレイヤーアタックが決まったのだった。

Winner:L

 決着がつき今回のデッキ選択について両者に話を伺うと、えんがわからは「プーンギやジャミングチャフによる呪文への妨害があり、攻めの強さも含め環境のデッキタイプの中ではこの選択になった」Lからは「(ループできることにより)フィニッシュ時に詰めが薄くなる事がなく、他のデッキタイプにも強く出れる」とそれぞれコメントを頂いた。
 前回覇者えんがわは痛い黒星スタートとなったが、えんがわのデッキはただの『赤白轟轟轟』ではなく《BAKUOOON・ミッツァイル》入りという調整の末の構築となっており、ここからのサブマリン予選突破も大いに期待できるだろう。
 そして大きな壁を越え次戦に向けて弾みをつけた、この後のLの勢いも気になるところだ。

 熱戦の後には一息つきたくなるところだが、すぐにまた熱戦が始まる。

 両者共に今後の試合での健闘を期待したい。
PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY