TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

DMGP8th DAY2 Round 3:おんそく vs. 中山

 デュエマGPは今回で8回目。史上初の2日開催だ。

 今日は2日目、という事は初日のスター選手も存在するのだ。

 DMPランキングにより獲得した2byeを活かし2日目も出場している男、“GP8th 2ブロック王者”おんそくがそこにいた。

 初日の王者は2日目どう立ち回るのか?
 彼の対戦が始まる3回戦からすぐにフィーチャー席にお越しいただいた。

 昨日は『印鑑パラス轟轟轟』という社会現象をデュエマ界に巻き起こした彼。
 今日はどんなデッキを披露してくれるのだろう。

 対戦相手の中山もどんなデュエマをするかわからない。

 様々な期待を胸に、デュエマスタート。
先攻:おんそく

 先手はおんそく。
 《デモンズ・ライト》をチャージ。

 対する中山《デュエマの鬼!キクチ師範代》をマナチャージ。

 お互いコントロール系統のデッキであることが判明する。

 次のチャージでお互いアクションなし。

 おんそくは3マナ目、《ブレイン・タッチ》をプレイ。
 《人形の裏技ペット・パペット》をハンデスし、1ドロー。

 お互いハンデス系統の場合、リソース確保を先行した側が有利であることは通例だ。
 ここからおんそくが動き出す。

 次のターンも再度の《ブレイン・タッチ》。2枚目の《人形の裏技ペット・パペット》を落とし、1ドロー。

 返しのターン、中山は失ったリソース確保も兼ねられる《闇の破壊神ゼオス》を場に送り込む。

 次のターン、珍しいカードに思わずおんそくは闇の破壊神ゼオス》のテキスト確認。
 その後、水闇デッキリソース確保の王道《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》を展開し、ターンエンド&1ドロー。
 中山のターン。《西部人形ザビ・バレル》を召喚。
 おんそくは《デモンズ・ライト》を捨てた。
 この場面、中山は《人形の裏技ペット・パペット》があれば追加のハンデスも可能だっただけに、先に落とされたのが悔やまれる。

 次のターン、おんそくは《オリオティス・ジャッジ》を唱え、《闇の破壊神ゼオス》を山札の下に。更に《特攻人形ジェニー》で中山の手札を削る。

 返しで中山は《魔薬医 ヘモグロ》を召喚。《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》によりおんそくの手札を削り切れないが、《魔薬医 ヘモグロ》は自身を何らかの破壊と組み合わせられる。何か策があるのだろう。

 おんそくは手札の《サイバー・K・ウォズレック/ウォズレックの審問》を墓地へ。

 次のターン、おんそくは《無修羅デジルムカデ》を場に出し、GR召喚から《純白の意志 ヴィンチ》の上に乗った。パワー7500のタップインクリーチャーが誕生だ。

 中山のターン。中山は《邪魂転生》をプレイ。
 《魔薬医 ヘモグロ》《西部人形ザビ・バレル》を破壊し、4ドロー。
 さらに、ターンエンドで《魔薬医 ヘモグロ》が復活し、おんそくは《ブレイン・タッチ》を墓地へ。

 だがここのタップインが痛い。
 次のターン、おんそくは《超次元リバイヴ・ホール》をプレイ。《サイバー・K・ウォズレック/ウォズレックの審問》を回収しつつ《激天下!シャチホコ・カイザー》を呼び出した。

 タップしている《魔薬医 ヘモグロ》《無修羅デジルムカデ》で攻撃し、再度盤面を更地にしてターンエンド。

 返しの中山は《福腹人形コダマンマ》を2体出し、手札を補充。その後《学校男》で2体を破壊。おんそくは《無修羅デジルムカデ》を破壊した。

 次のおんそくのターン開始時、《激天下!シャチホコ・カイザー》によって《特攻人形ジェニー》が場に出てそのまま破壊。
 中山の手札から落ちたのは何と《Vチャロン》
 《デュエマの鬼!キクチ師範代》とのコンボで一時期話題をさらったカードであるが、おんそくのハンデス地獄の前に屈してしまった。

 おんそくはまだ止まらない。
回収した《サイバー・K・ウォズレック/ウォズレックの審問》を召喚し、自身の墓地の《ブレイン・タッチ》を2枚唱えた。

 中山の手札を全て無くしてターンエンド。

 選択肢を奪われた中山は《西部人形ザビ・バレル》を召喚。しかしおんそくの手札は充実しており、デッキの性質上回収も容易だ。
 ハンデスの効果が薄いのが苦しい。

 そして再度おんそくのターン。
 ターン開始時に再度《激天下!シャチホコ・カイザー》《特攻人形ジェニー》の流れ。
 今回は《特攻人形ジェニー》を破壊。

 そして《デモンズ・ライト》でドローしつつ中山の《西部人形ザビ・バレル》を破壊。残った2マナで《堕魔 ドゥポイズ》を召喚。予め出しておいた《特攻人形ジェニー》と共に破壊し、中山の《学校男》を道連れにした。

 返しの中山は《闇の破壊神ゼオス》を召喚しターンエンド。

 おんそくの7マナ目。水闇デッキ最強呪文、《英知と追撃の宝剣》が唱えられた。
 《闇の破壊神ゼオス》は手札に戻り、中山のマナは7→5マナへ。
手札の次はマナ削り。おんそくがたたみ掛ける。

 中山は《闇の破壊神ゼオス》を再度召喚し、ターンエンド。

 おんそくのターン。《激天下!シャチホコ・カイザー》《特攻人形ジェニー》の流れの後、手札から出るは《龍素記号Sr スペルサイクリカ》
墓地から《英知と追撃の宝剣》が再び唱えられ、手札に回収。
 中山のマナは5→3へ。

 苦しい中山。
 《闇の破壊神ゼオス》を再び召喚し、ターンエンド。

 おんそくは更に《英知と追撃の宝剣》を唱え、場とマナを更に削る。
 中山のマナは4→2へ。

 中山は次のターン、《学校男》を出し、おんそくは《龍素記号Sr スペルサイクリカ》を破壊して山札の下に。

 おんそくがたたみ掛ける。
 《激天下!シャチホコ・カイザー》《特攻人形ジェニー》の後、《黙示護聖ファル・ピエロ》を出して破壊。墓地から《超次元リバイヴ・ホール》を回収し、そのままプレイ。
 《勝利のリュウセイ・カイザー》が呼び出され中山のマナを更に縛り上げる。

 《激天下!シャチホコ・カイザー》で1枚ブレイクし、ターンを返す。

 中山は手札1、マナ2(かつタップイン)。《堕魔 ドゥポイズ》を召喚し、《勝利のリュウセイ・カイザー》を退場させるも苦しい状況でターンを終える。

 返しのおんそくのターン。
 《激天下!シャチホコ・カイザー》《黙示護聖ファル・ピエロ》の流れで《英知と追撃の宝剣》を回収し、本日4度目の《英知と追撃の宝剣》

 遂に中山のマナは0に。そして《勝利のリュウセイ・カイザー》のW・ブレイク。
 トリガーはなし。

 《激天下!シャチホコ・カイザー》のダイレクトアタックで勝負が決するのであった。

Winner:おんそく


 2ブロック王者は殿堂でも強かった。
 今日もおんそく劇場は続くのだろうか。

 今回のおんそくのデッキは昨年度日本一dottoと共に練り上げた、まさに「王者の合作デッキ」のようだ。

 『光水闇ハンデス』は歴史が長く、幅広いデッキを相手にできる。
 新弾のオーラやGRをも取り込み、常に進化を繰り返してきたデッキタイプだ。

 そこに最高のプレイヤーが加われば、どのデッキとも戦える最強デッキとなり得るのだ。

 おんそくには前人未到のGP2日間連続優勝目指して頑張ってもらいたい。

 独自のデッキを信じ、練り上げてきた中山にもまだチャンスはある。
 今日は始まったばかり。

 ここからの巻き返しを期待したい。
PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY