TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2015 Round 4:市川 vs. 垣根

デュエマ、最初の公認グランプリ、GP-1stの決勝戦はふたつのループデッキによって争われた。

イメンループを使用する垣根と、ヘブンズループを使用する市川。

この対戦は垣根が制したものの、この2つのデッキは完成度の高さでやはり群を抜いていた。決して明言されていないが、新殿堂の選択にこの結果が影響していないとは言えないだろう。

いわば、このふたりの決勝戦は、殿堂後の環境を作り上げた対戦であったと言えるだろう。

そんな時代を作り上げたふたりの対戦が、このスイスラウンド最終戦で、しかも、決勝ラウンド進出の可能性をわずかに残した1勝同士のラインで実現した。

本来、このラウンドは全勝同士のマッチアップをお届けする予定だったのだが、このビッグマッチの実現に急遽フィーチャリングマッチが組み替えられた。

対戦開始前に、互いの超次元ゾーンが確認される。

市川の超次元ゾーンは、ヘブンズを模したモノ。

垣根 「まさか市川さんがバイク(火単系侵略の通称)を使うとは。途中で隣で見てなかったらその超次元ゾーンで騙されてましたね」

市川 「ヘブンズ、使いたかったんですけどね……ちょっと組み上げきれなくて」

市川も垣根も、グランプリで栄光を掴んだデッキを殿堂によって失った。

いや、本来の「殿堂」という言葉の持つニュアンスを考えれば、それは当然のことだったのかもしれない。

ループを失ったふたりが、互いに別の形の「殴る」デッキで再戦を行う。

じゃんけんで先手は市川。 《終末の時計 ザ・クロック》 をマナチャージする。対して、垣根は長考の末に 《メガ・マナロック・ドラゴン》 をチャージする。

ファーストアクションは市川の 《一撃奪取 トップギア》 。最高の滑り出しをした市川に対して、垣根も 《霞み妖精ジャスミン》 によってマナ加速という動きで返す。
市川は3ターン目に 《轟速 ザ・ゼット》 を召喚。まずは 《一撃奪取 トップギア》 でシールドをブレイクする。このブレイクに対して 《天真妖精オチャッピィ》 のSバックを発動させマナを増やす垣根。さらに 《轟く侵略 レッドゾーン》 に侵略しつつのブレイクに対しても 《天真妖精オチャッピィ》 をSバックする。これには市川も「まじか」と一言つぶやく。

これによって、5マナに達した垣根。 《S級原始 サンマッド》 のマナチャージで6マナに達したところでまずは 《霞み妖精ジャスミン》 を使用。さらに《超次元ボルシャック・ホール》《一撃奪取 トップギア》 を破壊すると、長考の末に超次元ゾーンから 《勝利のプリンプリン》 を呼び出し、 《轟く侵略 レッドゾーン》 を攻撃不能としてターンを終える。

市川はマナが3枚、手札は 《轟速 ザ・マッハ》 《暴走龍 5000GT》 といううごけないもの。 《暴走龍 5000GT》 をマナチャージすると、ひとまず、ここでターンを終える。

垣根は 《未来設計図》 をプレイすると、手札に「バイク殺し」の 《その子供、凶暴につき》 を加え、これをプレイ。さらに 《天真妖精オチャッピィ》をアタックさせると、マナゾーンからS級侵略で 《S級原始 サンマッド》 をバトルゾーンに出し、その能力で 《轟く侵略 レッドゾーン》 をマナゾーンへと送り込む。

このTブレイクは2枚めで 《終末の時計 ザ・クロック》 で止まり、マナに不自由していた問題は解決したものの、やはり 《その子供、凶暴につき》 が邪魔であることは間違いがない。タップインで 《轟速 ザ・マッハ》 を召喚して《超音速 ターボ3》 を手に入れると 《終末の時計 ザ・クロック》《S級原始 サンマッド》 を相打させる。
垣根は手札にあった2枚、《青銅の鎧》《霞み妖精ジャスミン》 を召喚すると、 《その子供、凶暴につき》 でスピードアタッカーとなった 《青銅の鎧》 でアタックしつつS級侵略を発動し、 《S級原始 サンマッド》 へと侵略。 《轟速 ザ・マッハ》 をマナゾーンに送り込みつつ、Tブレイクで一気に勝負を決める構えだ。

しかし、ここで 《閃光の守護者ホーリー》 がトリガーし、このターンの勝負はお預けとなる。そして、このトリガーで稼いだターンに市川はビッグアクションをみせる。そもそも、垣根は 《S級原始 サンマッド》 で市川にマナを与えすぎていた。

召喚されたのは 《暴走龍 5000GT》 。これで垣根の軍勢はすべて破壊されてしまう。 《その子供、凶暴につき》 の効果自体は 《暴走龍 5000GT》 はタップインしたものの、垣根の残りターンは多くて2ターン、早ければ1ターンだ。

続くターン、垣根のアクションはなし。そもそも 《メガ・マナロック・ドラゴン》 と超次元呪文以外にとれるアクションは無い。

そして、市川がふたたび 《暴走龍 5000GT》 を召喚すると、垣根に残されたターンは0ターンとなるのだった。

Winner:市川

ふたりの対戦は、今度は市川の勝利となった。

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY