TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2017 Round 4:<RIKI> vs. darkblue


デュエル・マスターズ全国大会2017日本一決定戦。

熱戦が繰り広げられるラウンド4より、<RIKI>とdarkblueの闘いをお送りしよう。

<RIKI>は東海地区ではその名を知らぬ者は居ないと言われる程の強豪であり、東海Cブロックの予選を突破することで今回の日本一決定戦の参加権利を獲得している。使用デッキは『闇火ドルマゲドン』。その名の通り≪終焉の禁断 ドルマゲドンX≫による禁断爆発を勝利手段に据えたデッキであり、クリーチャー除去と手札破壊を得意としている。

対するdarkblueはDMPランキング上位に位置する、こちらもグランプリ等でも活躍を目にする事の多い強豪だ。その名が示すように、青黒の手札破壊デッキを好んで使用する事で知られていたが、今回持ち込んだデッキは『ジョーカーズ』。ビートダウンデッキでありながら豊富な展開力とドロー力を持つデッキタイプだ。

お互いここまで2勝1敗。これ以上負けられない戦いが始まる。


先攻を獲得したのは<RIKI>だが、先に動いたのはdarkblue。後手2ターン目に《チョコっとハウス》から《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》に繋げターンエンドする。これに対し先手3ターン目《リロード・チャージャー》でマナを伸ばす<RIKI>。お互いに申し分のないスタートと言えるだろう。

しかし、互角と思われた戦いも<RIKI>の放つ一手により風雲急を告げる事となる。

後手3ターン目《洗脳センノー》を召喚したdarkblueに対し、<RIKI>は《爆霊魔 タイガニトロ》を召喚する。


これにより4枚あったdarkblueの手札のうち3枚が捨てられる事となる。

「先手4ターン目《爆霊魔 タイガニトロ》」という、このマッチアップにおいて理想的とも言える展開をもってジョーカーズの大量展開を未然に防ぐことに成功した<RIKI>。これより禁断爆発に向けて着々と準備を進めてゆくこととなる。

《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》で稼いだリソースを相殺されてしまったdarkblue。《パーリ騎士》を召喚しマナを伸ばしてターンを終了する。

これに対して、先手5ターン目の<RIKI>は《終断γ ドルブロ》を召喚し禁断爆発まで残り3枚とする。


再びdarkblueのターン。《爆霊魔 タイガニトロ》が睨みをきかせる状況から打開を図るべく《ヘルコプ太》を召喚し4ドローするが、解決には至らずターンエンド。

この隙にとばかりに禁断爆発を進行させたい<RIKI>は、墓地にある《終断Δ ドルハカバ》で2枚目の禁断を取り除きつつ禁断解放時効果で《ヘルコプ太》を破壊しターンエンドとすると、後手6ターン目を迎えたdarkblueは《パーリ騎士》を盤面に追加。マナを6に伸ばしてターンエンドする。

ここで更にリソースを絞る構えを見せる<RIKI>。《復讐 ブラックサイコ》を盤面に追加することでdarkblueの手札に唯一残された1枚である《ヘルコプ太》をも捨てさせ禁断爆発まで残り1枚とする。

<RIKI>の執拗な手札破壊によりもはやトップデッキを叩き付けるしかなくなってしまったdarkblue。引いた《洗脳センノー》を盤面に追加するのみでターンエンド。

こうしてついに、<RIKI>が召喚した《終断γ ドルブロ》によって禁断爆発を迎えた≪終焉の禁断 ドルマゲドンX≫がジョーカーズ達を封印し、ダイレクトアタックを決めたのだった。


デュエル・マスターズ全国大会2017 日本一決定戦 ラウンド4
勝者は『闇火ドルマゲドン』の<RIKI>!!

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY