TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2018 Round 1:カイザ(滋賀) vs. ZweiLance(宮城)

 デュエル・マスターズをやっていたなら一度は、誰もが夢見る舞台がある。

 幾多の大会を経て選び抜かれたトッププレイヤー達が集い、その年を通して、最後にして最大の頂を目指し競い合う栄光の舞台。

 そこに上がるために、ある選手は1年間死に物狂いで公認CSを走り通し、ある選手はGPや公式大会に向けてデッキとプレイの研鑽に粉骨砕身するのだ。

 そして今筆者の目の前に座っている二人のプレイヤーは、全く対照的な道を辿ってここに辿り着いていた。

 片や過酷なDMPランキングレースを1年通して走りきり、苦心の果てにこの大会への参加権を手にしてみせた男、カイザ

 片や信頼できる仲間たちと共に組み上げた魂のデッキで南東北エリアの予選を優勝してみせた「Faily project」、ZweiLance

 だが、二人ともここにかける想いは変わらなかった。そしてその頂にあるモノへの想いも。

 その舞台に辿り着き、真剣な空気で自らのデッキをシャッフルする二人は果たして何を思うのか。
先攻:カイザ

 気合を込めて腕を振りかざすZweiLanceと、いつものように落ち着いた所作で腕を突き出すカイザと、ここでも対照的な二人。先攻はカイザ。

 初手を確認して少考後、カイザが置いたのは《堅珠ノ正裁Z》。使用デッキは『光零サッヴァーク』だ。

 対するZweiLance。「少し考えます」と一言、手札を見つめた後に《堕魔 ドゥリンリ》をチャージしてターンを返した。こちらは彼がこのシーズンずっと使い続けてきた相棒『闇単デスザーク』。

 カイザの2ターン目《憤怒スル破面ノ裁キ》、3ターン目《剣参ノ裁キ》プレイ、ZweiLanceの返し《堕魔 ドゥリンリ》召喚、《堕魔 グリギャン》召喚とお互いに軽快な動き出しだが、それぞれ一挙一動する度にじっくりと時間をかけてプランを練り修正する。

 そして明けてカイザの4ターン目、《超煌ノ裁キ ダイヤモン将》を召喚。これでZweiLanceは一気にリソースを枯らし切るのが難しくなった。
 ターンが返り、ZweiLanceは《堕魔 ヴォガイガ》を召喚。《卍月 ガ・リュザーク 卍/卍・獄・殺》が墓地に落ち、《追憶人形ラビリピト》を回収した彼の手は「これでプランが固まった」と言うようにカードを操る手の速度が少し早まっていた。

 最大のチャンスと最大の危機が同時に訪れたカイザの5ターン目。一気に回し切るべくマナチャージし《剣参ノ裁キ》をプレイして、手札を増やしたところでその手が止まる。《転生ノ正裁Z》が引けていないのだ。
 カイザの操る絶十型の『光零サッヴァーク』は、《転生ノ正裁Z》《煌メク聖戦 絶十》のセットが揃うことにより、爆発的な展開を可能にするデッキだ。このコンボが揃っていないことには、今迫っている脅威に対抗することもできない。

 まさに痛恨の極み。カイザは《集結ノ正裁Z》を使って更に手札を増やすのみでターンを返す。

 正念場を乗り越えたZweiLanceの手は、今までの慎重さから打って変わって早まっていた。マナチャージし、先程回収した《追憶人形ラビリピト》召喚!

 そして、直後に追加で召喚した合わせて2体の《堕魔 ドゥリンリ》効果と共に宣言されるのは《卍月 ガ・リュザーク 卍/卍・獄・殺》!!
 束となった手札を全て奪い去られる上、使えるマナも3マナに縛られてしまったカイザはターンが帰ってきてもエンドすることしかできない。

 ターンが返ってきたZweiLanceは、更に《堕魔 ヴォーミラ》召喚、墓地から《堕魔 ドゥポイズ》を召喚して≪卍月 ガ・リュザーク 卍≫を巻き込み、もう一度無月の門を宣言。本格的に詰める段階に入った。
 だがそんな王手をかけられた状況だというのに当のカイザは引いたカードをマナに置くのみ。

 それを尻目にZweiLanceは更に盤面を伸ばしていく。手札から《堕魔 グリナイブ》を召喚、墓地から《堕魔 ドゥポイズ》を召喚。《追憶人形ラビリピト》で表向きの無いシールドをブレイクし、先程巻き込んだ≪卍月 ガ・リュザーク 卍≫が盤面に舞い戻る。もはやルーチンワークだ。

 カイザはまたもドローしてエンド。
 ZweiLanceもまた更に盤面を伸ばしながら《追憶人形ラビリピト》でシールドをブレイクし無月の門。

 ここまできてカイザはやっと、運命の5ターン目に喉から手が出るほど欲しかった《転生ノ正裁Z》を引くが、ZweiLanceの盤面は≪卍月 ガ・リュザーク 卍≫《堕魔 ヴォーミラ》《堕魔 ヴォーミラ》《堕魔 グリナイブ》《堕魔 ヴォガイガ》《堕魔 ヴォガイガ》《堕魔 グリギャン》《追憶人形ラビリピト》《堕魔 ドゥリンリ》という手が付けられない状態になっていた。

 ターンが戻ったZweiLanceは、駄目押しの2体目《追憶人形ラビリピト》を召喚し、大量の魔導具を従えて栄光の頂への一歩目を踏み出してみせた。

Winner:ZweiLance


 デュエルマスターズをやっていたなら一度は、誰もが夢見る舞台がある。

 この二人だけじゃない、この場にいるすべてのプレイヤー達がその頂を目指してこの舞台に上がる。

 その名は、日本一決定戦。


 その誰もが一度は夢見た「舞台」の「頂」に辿り着くのは果たして、この勝負を勝ったZweiLanceなのか、それとも。
PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY