TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

金沢超CSⅡ Round 6:ドラ介 vs. ヘイ

「北陸の古都」金沢には遠方から足を運ぶプレイヤーも多い。

予選ラウンド第6回戦は、茨城から遠征してきたドラ介、そして新潟から県を跨いでやってきたヘイ。
この2人の対戦の模様をお送りしよう。
ジャンケンにより先攻権を獲得したのはヘイ。

《怒流牙 佐助の超人》をマナに置いてターンを返す。

使用しているデッキは「光水自然ミラダンテ」のようだ。

対する後手1ターン目のドラ介、《波乗りザブンプル》をマナに置いてからの《ジョジョジョ・ジョーカーズ》

これにより捲れた4枚が

 ・《ポクチンちん》
 ・《パーリ騎士》
 ・《ジョット・ガン・ジョラゴン》
 ・《ヤッタレマン》

ここから《ヤッタレマン》を手札に加えターンを返すと、先手2ターン目もマナセットのみのヘイに対し、2ターン目《ヤッタレマン》と理想的なスタートを切ってみせる。

これに対してヘイも負けじと≪白米男しゃく≫をプレイ、マナブーストしてターンを返す。

再びドラ介の後手3ターン目

 ・《パーリ騎士》
 ・《ガヨウ神》
 ・《ガヨウ神》
 ・《ジョジョジョ・ジョーカーズ》

という手札を前にゲームプランを慎重に吟味する。

まず、《ジョジョジョ・ジョーカーズ》を使用。

 ・《ムシ無視のんのん/灰になるほどヒート》
 ・《ジョット・ガン・ジョラゴン》
 ・《ジョット・ガン・ジョラゴン》
 ・《サイコロプス》

と捲れた4枚から《ジョット・ガン・ジョラゴン》を手札に加えた後に、《パーリ騎士》を盤面に送り込み、マナを加速させてみせる。

それにしても、「2ターン目《ヤッタレマン》」「3ターン目《パーリ騎士》」・・・

このドラ介、どちらも初手に無かったにも関わらず、この理想的なマナ加速である。

予選ラウンド上位卓まで勝ち上がるドラ介の力強さ、そして《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》の殿堂入りを受けたとしてもなお発揮されるジョーカーズの安定性、それぞれを感じさせる一幕だ。

さて、いつ《ジョット・ガン・ジョラゴン》に走られてもおかしくない状態となったヘイ。

 ・《フェアリー・シャワー》
 ・《黒豆だんしゃく/白米男しゃく》
 ・《Dの牢閣 メメント守神宮》
 ・《Dの牢閣 メメント守神宮》

の4枚の手札から《Dの牢閣 メメント守神宮》を設置してターンを返す。
再びドラ介のターンとなる後手4ターン目。

ドローは《ジョジョジョ・ジョーカーズ》

そして残る手札は《ジョット・ガン・ジョラゴン》《ガヨウ神》《ガヨウ神》

ここでドラ介が後に語るところによると

「相手の忍者ストライクを考慮すると、《アイアン・マンハッタン》が無い状態で《ジョット・ガン・ジョラゴン》を走らせるのはリスクが高く、また打点も足りなくなると判断した。」

との事であり、ここは手札から直接《ガヨウ神》をプレイ、手札を補充してターンを返す。
先手5ターン目を迎えたヘイのターン。

ドローは《超次元ホワイトグリーン・ホール》

≪白米男しゃく≫を使用し、マナゾーンから《怒流牙 佐助の超人》を手札に加えターンを返す。

さて、再び迎えたドラ介のターンである。

ドラ介の手札は、

 ・《ガヨウ神》
 ・《ガヨウ神》
 ・《ジョット・ガン・ジョラゴン》
 ・《キング・ザ・スロットン7/7777777》
 ・《アイアン・マンハッタン》

前のターンの《ガヨウ神》によるドローが功を奏したか、ドラ介は既に《アイアン・マンハッタン》を引き込んでいた。
さあ、引き金を引く準備はできた、とばかりにドラ介の《ジョット・ガン・ジョラゴン》が放たれる。

《ジョット・ガン・ジョラゴン》が持つ特殊能力「ジョラゴン・ビッグ1」により

 ・《ガヨウ神》
 ・《ガヨウ神》

そして

 ・《アイアン・マンハッタン》

それぞれの「出た時」効果が次々と発動してゆく。

この《アイアン・マンハッタン》の「出た時」効果、そして《ジョット・ガン・ジョラゴン》の攻撃により、ヘイのシールドからは《フェアリー・ライフ》が2枚捲れるが・・・

ドラ介の攻勢は止められない。
《ガヨウ神》《キング・ザ・スロットン7/7777777》によって最終的に2体目の《ジョット・ガン・ジョラゴン》≪キング・ザ・スロットン7≫まで盤面に加わったドラ介の盤面を前に・・・

ヘイ「残りのラウンド、僕の分も勝って下さい!」

シールドに恵まれず、結果としてドラ介のジョーカーズに敗れたヘイではあるが、潔く勝者を称え、ラウンド6は幕を下ろしたのだった。

Winner:ドラ介!!
PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY