TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

金沢超CSⅡ 準決勝:ハマチ vs. ダイヤマンX

席に着いた2人はこのラウンドまで戦い続けた後ということで、緊張や疲労を超えて変なテンションになっているとのことだ。
といってもその表情から集中が切れているとは微塵も感じられず、真剣さがこちらまで伝わってくる。
ハマチは神奈川県のプレイヤーで、ランキング上位だがDMPランキング施行以来優勝がない。
対するダイヤマンXは広島県で活動しており、去年は優勝が2つと、ハマチとは対象的なプレイヤーだ。
2人共強豪であり、どちらが勝ってもおかしくはない。
しかしこれはトーナメント。試合の後、フィーチャーテーブルに再び座れるのはどちらか1人だ。

Game 1

先攻は予選順位13位のダイヤマンX。
3ターン目の《堕魔 グリギャン》が墓地を3枚肥やすところからゲームは始まった。
対するハマチはゆっくりとマナをチャージし続けるのみ。
しかしダイヤマンXが《堕魔 ヴォーミラ》を召喚したのを確認するとハマチはすかさず《ポクチンちん》で墓地のリソースを奪い取る。

ハマチの手札が4枚あるのを確認すると、悩んだ末に《堕魔 ヴォガイガ》を召喚する。
《堕魔 グリペイジ》を手札に加え、アタックするかを考えるが、ここは慎重にターンエンド。
ハマチは《ガヨウ神》でドローを進め、《ジョット・ガン・ジョラゴン》によるワンショショットの準備をする。
6枚の手札を構えられているダイヤマンXは長考の末、《堕魔 グリペイジ》を2連続で召喚。
しかし手札から抜かれたカードは《サイコロプス》《アイアン・マンハッタン》と、あまり影響がなさそうな2枚だ。

そして6ターン目、ハマチはバトルゾーンの2体を戻し《ジョット・ガン・ジョラゴン》を召喚!
更に余った1マナを捻り《メラメラ・ジョーカーズ》
あまり見かけないカードだが、この状況においては凄まじい爆発力を発揮するカードである。
まず《メラメラ・ジョーカーズ》の効果で手札の《ガヨウ神》を捨てて2ドロー。
するとバトルゾーンでジョラゴン・ビッグ1が誘発し、再びドローが加速!
《ガヨウ神》から《ガヨウ神》を捨て、更に《キング・ザ・スロットン7/7777777》を捨てると、山札からは《アイアン・マンハッタン》が飛び出す。
3ブレイクでトリガーがないのを確認すると、手札から2枚目の《キング・ザ・スロットン7/7777777》を捨てて更に《サイコロプス》を展開する。

そしてここまでやって、ようやく《ジョット・ガン・ジョラゴン》がアタック。手札から《ポクチンちん》を自分に使い、山札回復も忘れずに行い負けないように。

ダイヤマンXはこの攻撃こそブロックするものの、続く《アイアン・マンハッタン》のW・ブレイク、そして≪キング・ザ・スロットン7≫によって攻撃できるようになった《サイコロプス》の猛攻までは防げずハマチが一つ、決勝へと近づいた。

ハマチ 1-0 ダイヤマンX



今までのトーナメントシーンでは、どちらかといえば『卍 デ・スザーク 卍 』の方がコントロールデッキ気味な動きをし、『ジョーカーズ』はどう攻めるか? というゲーム展開が多かった。
しかしこの超CSⅡにおける『ジョーカーズ』は長期戦に強く、また《ポクチンちん》の存在から『卍 デ・スザーク 卍 』に対してリソースを削れるようになっている。
また、ダイヤマンXの『卍 デ・スザーク 卍 』は《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》を入れている関係からか、《追憶人形ラビリピト》が採用されていない。
しかしダイヤマンXもここまで『ジョーカーズ』に当たらなかった訳ではなく、そこで勝利を収めている以上、勝負はまだ分からないだろう。



Game 2

再び先攻となったダイヤマンXの動き出しは《堕魔 ドゥンブレ》
手札を減らさないダイヤマンXに対して、《ヤッタレマン》の召喚で応じるハマチ。

それをダイヤマンXはしっかり《堕魔 ドゥシーザ》で破壊をするが、ハマチは「待ってました」と言わんばかりに《パーリ騎士》でマナを伸ばしていく。

次にダイヤマンXが《堕魔 グリギャン》で墓地を肥やすと、ハマチは《メラメラ・ジョーカーズ》でドローをし、《ポクチンちん》を使って相手の墓地を空にする。

先攻であるが故に、手札に余裕がないダイヤマンX。
手札を大事にするために、このターンはマナを増やさず《堕魔 ドゥンブレ》で更に展開。
どうせ《アイアン・マンハッタン》でなくなるなら、シールドはいらないといったところだろうか。
そして《堕魔 ドゥポイズ》召喚時に《卍 デ・スザーク 卍》の宣言。
墓地は0だが、《堕魔 ドゥポイズ》の効果から使うことで無月の門の条件を満たす。

バトルゾーンは《堕魔 グリギャン》のみになってしまったが、《ポクチンちん》の妨害と《ジョット・ガン・ジョラゴン》の展開を遠ざけ、ゲームを長引かせるつもりだろう。

しかしハマチは《ジョジョジョ・ジョーカーズ》《キング・ザ・スロットン7/7777777》を手札に加え、ダイヤマンXの戦略には付き合わない姿勢を示す。

なんとか流れを掴みたいダイヤマンXだが、ドローしたカードは展開を変えるものではなかったようで悩みに悩んでターンを終える。
満を持してハマチが《キング・ザ・スロットン7/7777777》を召喚すると、山札からは1試合目と同じく《アイアン・マンハッタン》が駆けつける!
そのまま最後の手札も投げ捨てて召喚制限をかけると、すかさずダイヤマンXへの攻撃を開始する。

シールドを手札に加え、ダイヤマンXにターンが帰ってくる。
しかし《アイアン・マンハッタン》に縛られた彼はこの状況を打破できず、そのまま投了するしかないのであった。

Winner:ハマチ


《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》を採用した『卍 デ・スザーク 卍 』は超CSⅡの直前にSNSで話題になり有名になったが、まだメジャーな構築ではなく、あくまで選択肢の一つという見解が多かっただろう。
しかしダイヤマンXは同じコミュニティであり製作者のぎゃる男からこのデッキを教えてもらい、そのポテンシャルを信じ切った。

ハマチのデッキも同じコミュニティのえんがわが作成したという。
《メラメラ・ジョーカーズ》は長いラウンドを勝ち抜くための安定剤であり、一試合目のような起爆剤でもある。

デュエル・マスターズは1人では遊べない。一緒に強くなれる仲間が、彼らをここまで連れてきた。それは選手が一番わかっていることだろう。
だからダイヤマンXは勝ち残ったハマチに敬意を払い、「頑張ってください」と応援をして席を立って3位決定戦に向かった。
PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY