TAKARATOMY

さがす
English

カテゴリ:デュエル・マスターズ グランプリ-8th 2日目 テキストカバレージ

DMGP8th DAY2 Round 8:イドガエル vs. ぐみん

  by カミ神王子

「『アストラルリーフダンテ』と『多色マナ武装5文明コントロール(5C)』の使い手が対戦するらしい!?2人とも全勝!?」

 カバレージチームに面白そうな情報が飛び込んできた。

 アストラルリーフミラダンテXII、通称『リーフダンテ』。
2019年1月、《アストラル・リーフ》殿堂解除に合わせて研究された『成長ダンテ』の一種だ。

 強力なドロー力からの安定した革命チェンジが強力。

 一方、『多色マナ武装5C』は最近話題のデッキタイプで、《獅子王の遺跡》からの多色マナ武装で一気に8マナまで加速し、《蒼龍の大地》に代表される強力な呪文やクリーチャーを叩きつけていく。

 「デッキ構築の最前線」とも言えるこのマッチアップ、注目である。
先攻:イドガエル

 先手はイドガエル
 《異端流し オニカマス》をマナチャージし、召喚されたのは《T・アナーゴ》

 返しのぐみん《ボーイズ・トゥ・メン》をマナチャージしてターンエンド。

 続くイドガエルのターン。
 2マナタップから呼び出したのは往年のカード《アストラル・リーフ》《T・アナーゴ》から進化し、一気に3ドロー。
 そこから攻撃し、革命チェンジ。

 チェンジ先は《タイム3 シド》
 《アストラル・リーフ》《T・アナーゴ》を回収し、残るのは「呪文コスト+2」の呪縛。
 呪文主体であろうぐみんからすれば非常に厳しい一手であり、トリガーに期待したいところ。が、トリガーはなし。

 返しのターン、ぐみんは2枚目の《ボーイズ・トゥ・メン》をチャージし、ターンエンド。

 そしてイドガエルのターン。
 先ほど戻した《T・アナーゴ》召喚からの《アストラル・リーフ》進化&3ドロー。
 非常にテンポの良いこの流れを再度行い、《タイム3 シド》攻撃時に革命チェンジ宣言。

 《天革の騎皇士 ミラクルスター》へとチェンジし、W・ブレイク。
 めくれたのは《ドキンダム・アポカリプス》《支配のオラクルジュエル》

 ぐみんの場は空だが、イドガエルは《天革の騎皇士 ミラクルスター》《支配のオラクルジュエル》を唱え、実質呪文を無効化。

 更に横の《アストラル・リーフ》が攻撃し、革命チェンジで再び《タイム3 シド》に。

 シールドからは《闇鎧亜ジャック・アルカディアス》がトリガーし、《タイム3 シド》を破壊して墓地に。

 返しのターン、ぐみんは3マナで《フェアリー・ミラクル》をプレイ。
 火と闇が落ちれば2枚加速できたが、落ちたのは《フェアリー・ミラクル》

 《闇鎧亜ジャック・アルカディアス》のスレイヤーで《天革の騎皇士 ミラクルスター》と相打ちし、盤面の初期化に成功した。
 ターンはミドガエルに帰る。
 手札に抱えた《T・アナーゴ》を召喚し、《アストラル・リーフ》に進化。 もはや流れるような流れで3ドローし、そのまま攻撃から2枚目の《タイム3 シド》にチェンジ。

 ブレイク時のトリガーはなしでターンエンド。

 ぐみんは5マナで《フェアリー・ミラクル》をプレイするも、ここでも5文明揃わず1マナ加速に留まる。

 ターンは再びイドガエル。

 《T・アナーゴ》を召喚し、おなじみ《アストラル・リーフ》に進化、3ドロー。

 2枚目の《T・アナーゴ》を召喚、更に《アストラル・リーフ》に進化、3ドロー。

 《アストラル・リーフ》が攻撃時、今度は《ミラクル1 ドレミ24》に革命チェンジし、手札から≪「本日のラッキーナンバー!」≫を唱えた。

 宣言は「3」。
 ぐみんのシールドはないが《光牙忍ハヤブサマル》までしっかりケアし、そのままダイレクトアタックを決める。

Winner:イドガエル


 殿堂による構築変化を巧みに読み解き、具現化したイドガエル。

 本大会の台風の目になれるのか、今後の活躍に期待しよう。

このカテゴリの記事一覧