TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2019 北陸エリア予選 準決勝:scarlet(新潟) vs. 3C(新潟)

撮影者:瀬尾 亜沙子
ライター:林 直幸


 去年と違い、今年のエリア予選では甲信越エリアが廃止となった。
 そのため例年新潟に集まっていた甲信越のプレイヤーは、各々交通の便がいい地域へと向かうことになる。
 その多くはおそらく最初のエリア予選が行われる地、北陸は福井県へと集まっていた。

 そして最後の4人に残ったうち、2人はまさしくその新潟を主戦場とするプレイヤー。CSでもよく顔を合わせる間柄、ベスト4だというのにお互いに軽口が弾む。
 その弾みに出たのは、この一言。

scarlet「去年、フィーチャーでばんぱくさんに負けたんですよね…」

 そう、scarletは甲信越エリア2連覇がかかっていたばんぱくにベスト8で敗北した。
 あのときの悔しさがあるからこそ、ベスト8の壁を突破。そしてフィーチャー席という、もう一つの壁を壊そうと意気込んでいる。

 そのために選択した環境大本命に独自のチューンを加えた『闇抜き4c(※自然水火光)ミッツァイル』…だが。
 立ちはだかった顔なじみである3Cの使用デッキ、それは2ブロック屈指の"核爆弾"であった。


先攻:scarlet

 じゃんけんで先攻はscarlet。…が、初動には恵まれず、最初の2ターンをマナチャージのみで終える。
 対する3Cは後攻で赤一色のマナゾーンから《一番隊 チュチュリス》をプレイ。

 3Cの使用デッキは『火単B-我』。
 《BAKUOOON・ミッツァイル》環境と言われた中で、それを必要とせずに爆発的な攻撃力を持つデッキだ。
 『火自然水ミッツァイル』と同様《DROROOON・バックラスター》によって『火光速攻』に対して有利に立ち回れるのが特徴、≪「本日のラッキーナンバー!」≫で宣言する数字が難しいのも環境に対する追い風となっている。
 ここまでノーマークだったこともありベスト4に2人を送り込んでいる。対する『ミッツァイル』系統はここまでscarlet1人だけだ。

 scarletは3ターン目に《フェアリー・ライフ》をプレイ。《DROROOON・バックラスター》をプレイしたかったが一歩間に合わず。
 対する3C、3ターン目に勝負を決めることもできるデッキだが…その手札から勝負手は出ず、《DROROOON・バックラスター》から《ドドド・ドーピードープ》を召喚するのみでターンを終える。


 とはいえ、初動が遅れたことで流れは3C側にあり。この5マナ域をやり過ごす手段は通常の『ミッツァイル』には存在しない。

 だが、scarletのそれには存在する。

 手札から放たれたのは、≪六奇怪の四 ~土を割る逆瀧~≫
 これでビッグアクションを起こせない5マナのターンをやり過ごし、一挙6マナに到達。
 攻撃を封じられた3Cは仕方なく《こたつむり》で一旦延命を図る。しかし、先に行動権をもぎ取ったのはscarletだ。

 6マナに到達したscarletは《フェアリー・ライフ》を捨てながら4マナをタップ。《“魔神轟怒”万軍投》!!


 このデッキタイプの真骨頂であるマナドライブ6の一挙展開。捲りがよければここから《BAKUOOON・ミッツァイル》まで繋がるが…
 出てきたのは《マリゴルドⅢ》《オコ・ラッタ》《回収 TE-10》
 《オコ・ラッタ》《ドドド・ドーピードープ》に対処し、《回収 TE-10》《“魔神轟怒”万軍投》が手札に舞い戻り、《マリゴルドⅢ》《DROROOON・バックラスター》を呼び出し、それがさらなる《マリゴルドⅢ》を呼ぶ。それで《こたつむり》を対処……

 それで終わり。ターン終了。
 6マナになったターンに決めきることが難しいのが『ミッツァイル』デッキの定めではあるが……
 無念のターン終了。そして、3Cの反撃が始まる。


 《“必駆”蛮触礼亞》からの《龍星装者 “B-我”ライザ》!!
 現状の打点数は《龍星装者 “B-我”ライザ》《DROROOON・バックラスター》、そして《一番隊 チュチュリス》
 トリガーを計算しないのであれば、この4打点に《龍星装者 “B-我”ライザ》の効果で2打点を追加できれば致死打点に届く!!

 さあ、運命の攻撃。
 《龍星装者 “B-我”ライザ》の攻撃。W・ブレイカー条件を満たしていない《こたつむり》が捲れ、追加1打点。


 《DROROOON・バックラスター》の攻撃。外れてそのまま1点。

 残るはどちらも2コスト。《こたつむり》が殴り……外れる。1点、ここまでトリガーはなし。
 ラスト1枚のシールドにトリガーがなく、デッキトップが2コストであれば。

 祈る3Cは《一番隊 チュチュリス》を横に向け、山札を捲り……


 何も、ない!!
 全てのシールドをブレイク、裏を返せば手札を5枚与えてしまった3Cに残された選択肢はターン終了のみ。
 5枚の手札を与えられたscarlet、今度こそターンが帰ってくる。

 そこからはもう目で追いきれないほどの速度でscarletが回し切る。
 《“魔神轟怒”万軍投》で追加の種を用意し、満を持して《BAKUOOON・ミッツァイル》

 GRゾーンからは2体の《全能ゼンノー》、それを超えられても《ダダダチッコ・ダッチー》が呼び出した≪無双の縛り 達閃≫の壁。
 《こたつむり》《オコ・ラッタ》で処理され、《“必駆”蛮触礼亞》効果で《龍星装者 “B-我”ライザ》を失った3Cの盤面は全て殴り返され、万全を期したターンエンド。

 当然この盤面を少ない手札から返せるほど、『火単B-我』は万能なデッキじゃない。
 最後は念のため唱えられた≪「本日のラッキーナンバー!」≫により、scarletが1年越しにフィーチャーマッチの壁を破ることとなった。


Winner:scarlet
PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY