TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

DMGP3rd:デッキテク『NEXミラダンテXII』

赤白NEXミラダンテXⅡは東京で活動しているチーム、Heven'sDiceと原一派が共同制作した 《ボルシャック・NEX》 から 《凰翔竜機バルキリー・ルピア》 を呼び出し、 《時の法皇 ミラダンテXII》 を早期に革命チェンジすることをコンセプトとしたデッキだ。

早速各カードのデッキの役割を見ていこう。

各カードの採用理由


《蒼き団長 ドギラゴン剣》 系統をはじめとする、革命チェンジ、また侵略系統のデッキに対するメタカード。
序盤の要である 《コッコ・ルピア》《スクランブル・チェンジ》 を手札に抱え込む目的だけでなく、相手の攻撃時にトリガーした際、 《斬隠蒼頭龍バイケン》 を出し、 《時の法皇 ミラダンテXII》 への革命チェンジを狙うことが出来る優秀な1枚。
《ボルシャック・NEX》 《凰翔竜機バルキリー・ルピア》 《メガ・マナロック・ドラゴン》 への繋ぎ。
《ウソと盗みのエンターテイナー》 《制御の翼 オリオティス》 に対してのメタカード。 《超次元ムシャ・ホール》《勝利のリュウセイ・カイザー》をプレイし、 《時の法皇 ミラダンテXII》 へと革命チェンジすることが出来る。《スーパー・エターナル・スパーク》《時の法皇 ミラダンテXII》 からプレイできる除去兼シールドトリガー。
この2枚利用してデッキの中に4種類ある革命チェンジのカードを状況に応じてプレイする。
《スクランブル・チェンジ》《コッコ・ルピア》 により早期召喚することで、試合の流れを作るカード。又、ヘブンズ・ゲート系統のデッキに対して、《メガ・マナロック・ドラゴン》 をプレイした次のターンに 《ボルシャック・NEX》 などから、 《音精 ラフルル》 をサーチし、確実なフィニッシュを狙うという役割を持つ。
シールドトリガーした 《勇愛の天秤》 からプレイ出来る事は勿論、環境に多い火闇デッドゾーンに採用される、 《復讐 ブラックサイコ》 《轟音 ザ・ブラックV》 に対するメタカードでもある。
コンセプトカード。火闇カウンタードギラゴン剣や、赤黒デッドゾーン、光水サザン・ルネッサンスに対してのロック性能は抜群。 《終末の時計 ザ・クロック》《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 の召喚を封じ、事実上のエクストラターンを得る。
《凰翔竜機バルキリー・ルピア》 からサーチし、そのまま革命チェンジが可能なカード。 《時の法皇 ミラダンテXII》 ではバトルゾーンに触ることが出来ない為、相手クリーチャーが横に並んだ際に選択される。
この2枚も 《凰翔竜機バルキリー・ルピア》 からサーチし、そのまま革命チェンジが可能となっている。

《音精 ラフルル》 はヘブンズ・ゲート系統のデッキに対しての確実なフィニッシュをはじめ、火闇デッドゾーンの 《ジ・エンド・オブ・エックス》 《地獄門デス・ゲート》火闇カウンタードギラゴン剣の 《革命の鉄拳》 を封じることが出来るフィニッシュカード。 《大音卿 カラフルベル》 は火闇カウンタードギラゴン剣の 《ボルシャック・ドギラゴン》 《革命の鉄拳》 をケアすることが出来るカード。

総括


新弾のリリースからわずか2日でここまで上手にミラダンテXⅡを使えているデッキはないと思い、Heven'sDiceのまさ選手にインタビューをさせて頂いた。赤黒デッドゾーンやバスター系統には高い勝率を誇り、実際にデッキ分布を見ても環境にあった良いデッキだと感じた。

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY