TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

DMGP4th 準々決勝:にいな vs. 呂布

ついにトップ8が確定した。

トップ8の中で最多数だったのは、やはりというか5人が使用するモルトNEXT。個々人で調整が違うとは言え、この 《超戦龍覇 モルトNEXT》《蒼き団長 ドギラゴン剣》 という中学生時代の切札 勝太の切り札総決算とも言えるこのデッキが、このDMGP-4thの勝ち組であったことは間違いないだろう。

さらにひとりジョーカーズがいた事で、トップ8のうち、6人が圧倒的なパワーでシールドをブレイクするデッキを選択していたということとなる。

かつて、DMGPと言えば、ループコンボが決勝に残るジンクスがあったが、トップ8にループコンボは自然ループを使うトゥルチひとりだ。

そして、最後のひとり。

唯一、コントロールデッキを使うのは、「コントロールの武神」こと呂布。デュエマのコントロールの中でももっとも長い歴史を持つと言って過言ではないドロマーを持ち込んでトップ8まで駆け上がってきた。

これまで新弾が出るたびにセット最強の光か水か闇のカードを取り込んで進化してきたドロマーデッキ。「ジョーカーズ参上!」でも、軽量にして場持ちのよい 《異端流し オニカマス》 を確保し、苦手とする踏み倒し相手の対策を手に入れた。

切札勝太の総決算と、デュエマのコントロールの歴史。

時代を代表するデッキ同士の戦いを制するのはどちらか。

Game 1


じゃんけんで、先手は呂布。1ターン目に 《テック団の波壊Go!》 をマナゾーンに置く。対するにいなは、 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 をマナチャージ。

そして、ここから呂布の怒涛の手札破壊が始まる。

まずは 《マインド・リセット》 で手札から 《フェアリーの火の子祭》 をディスカードさせると、続くターンにはマナチャージ無しで 《特攻人形ジェニー》 を使用して能力で 《次元龍覇 グレンモルト「覇」》 をランダムにディスカードさせる。

そして、続くターンにさらに 《ブレイン・タッチ》 をプレイして 《超戦龍覇 モルトNEXT》 を捨てさせ、ダメ押しとばかりに 《パクリオ》 召喚でさらに《超戦龍覇 モルトNEXT》 をシールドへと送り込む。

都合4ターン連続の手札破壊によってにいなのアクションを大きく制限したところで 《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》 を展開し、アドバンテージエンジンを完成させる。

マナ加速すらも封じられてしまい選択肢がほぼ無いにいなはマナチャージのみでターンを返す。対して呂布は 《超次元リバイヴ・ホール》《特攻人形ジェニー》 を回収し、さらに 《勝利のリュウセイ・カイザー》 を呼び出す。

にいなは 《スクランブル・チェンジ》 から 《リュウセイ・ジ・アース》 を召喚し、山札の上に 《スクランブル・チェンジ》 をマナに置く。

《スクランブル・チェンジ》から《リュウセイ・ジ・アース》を召喚。パワーアタッカーを与える封印を外すと、山札のトップの《スクランブル・チェンジ》をマナゾーンに置き、マナ加速につなげる。しかし、この 《リュウセイ・ジ・アース》 は呂布の 《デモンズ・ライト》 によって除去される。

にいなは 《フェアリーの火の子祭》 をトップデックし、2連続でプレイすることで一気に9マナまでマナを伸ばし、今後のトップデックに対応できるところまでマナを伸ばす。

呂布は 《パクリオ》 で手札に残った 《フェアリーの火の子祭》 をシールドに送り 《異端流し オニカマス》 を召喚してターンを終える。

にいなはドローした 《スクランブル・チェンジ》 を手札にキープしてターンエンド。この 《スクランブル・チェンジ》《特攻人形ジェニー》 で除去されると、さらに呂布は 《天使と悪魔の墳墓》 をプレイし、にいなのマナを一気に5マナまで減らす。

続くターンにマナをチャージせずターンを終えるにいなに対して、呂布は自身の 《異端流し オニカマス》 を手札に戻しつつの 《超次元ガロウズ・ホール》《激天下!シャチホコ・カイザー》 をバトルゾーンにだす。これによって、墓地の 《特攻人形ジェニー》 が毎ターンバトルゾーンにでて手札破壊をするコンボが完成してしまう。

そして、手札がゼロの状態をキープさせられているにいなに打ち込まれるのは必殺の 《魔天降臨》
当然、十分な手札を保持していた呂布は、十分にマナを使うことができる。《激天下!シャチホコ・カイザー》《黙示護聖ファル・ピエロ》 を使い、《超次元ガロウズ・ホール》 によって 《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》 を呼び出すことで 《超時空ストームG・XX 》 を完成させる。

そして、続くターンのメテオバーン覚醒からの大量のアタックをにいなはしのぎ切ることができないのだった。

呂布 1-0 にいな

圧倒的な手札破壊からの除去、そして一気にフィニッシュとドロマーの強みをみせきって勝利した「コントロールの武神」呂布。

しかし、DMGP-4th……トップ8からは2本先取なのだ。

Game 2


先手のにいなは 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 をマナチャージ、対して呂布は《テック団の波壊Go!》 をマナチャージと、先手後手が入れ替わったものの、同じ動き。

2ターン目ににいなは 《メンデルスゾーン》 をマナチャージし、2ターン目のマナ加速を諦める代わりに、3ターン目に 《フェアリーの火の子祭》 を使うマナを確保する。

ここに呂布は 《マインド・リセット》 を撃ち込む。公開された手札は 《リュウセイ・ジ・アース》 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 《フェアリーの火の子祭》《メンデルスゾーン》 という内容。ここから呂布は 《フェアリーの火の子祭》 を捨てさせる。

続くターン。にいなは《メンデルスゾーン》をプレイするのだが、めくれた2枚が《メンデルスゾーン》《スクランブル・チェンジ》 という、実質手札破壊を受けたのと同じ内容となってしまう。

呂布は確認済みの 《リュウセイ・ジ・アース》 を警戒してか 《ブレイン・タッチ》 をチャージしてターンを終える。一方のにいなもマナチャージのみで終わったのをみて、呂布は 《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》 を展開し、続くであろう相手の攻勢に備える。

にいなはトップデックした 《フェアリーの火の子祭》 を長考の末にプレイ。これをすてさせるためにか呂布は 《ブレイン・タッチ》 をプレイするが捨てさせられるのは 《メガ・マグマ・ドラゴン》

ここで6マナに到達したにいなは 《リュウセイ・ジ・アース》 を召喚すると《蒼き団長 ドギラゴン剣》 へと革命チェンジ、ファイナル革命でマナゾーンから 《リュウセイ・ジ・アース》 をバトルゾーンにだす。

この攻撃は止めなければ、と呂布は 《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》 のDスイッチをonして 《テック団の波壊Go!》 をプレイし 《リュウセイ・ジ・アース》 を破壊しつつ、3枚のブレイクはそのまま通し、トリガーは無し。

続くターンに呂布は 《特攻人形ジェニー》《フェアリーの火の子祭》 を捨てさせ、あらたに 《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》 を貼り直す。

にいなは再び 《リュウセイ・ジ・アース》 を召喚すると、再び 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 へと革命チェンジし、ファイナル革命で手札に戻した 《リュウセイ・ジ・アース》 を呼び出す。呂布はDスイッチで 《超次元ガロウズ・ホール》 を使うと 《リュウセイ・ジ・アース》 を手札に戻しつつ 《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》《蒼き団長 ドギラゴン剣》 を破壊する。もう1体の 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 のアタックはノータイムでの 《光牙忍ハヤブサマル》 でブロック。

呂布は 《オリオティス・ジャッジ》《蒼き団長 ドギラゴン剣》 を山札下に送り込むと 《ブレイン・タッチ》《リュウセイ・ジ・アース》 を捨てさせる。にいなはめくれた山札トップを手札に。

続くターンは 《リュウセイ・ジ・アース》 が召喚されてアタック。この2枚のブレイクにトリガーは無く、呂布のシールドはゼロになる。

呂布は 《超次元リバイヴ・ホール》 によって 《光牙忍ハヤブサマル》 を回収しつつ 《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》《リュウセイ・ジ・アース》 を破壊し、 《ブレイン・タッチ》 を使用する。

しかし、ここで召喚されるのが 《伝説のレジェンド ドギラゴン》 。この攻撃によって 《》 の封印がすべて外されたのを見て、呂布はマナを片付ける。

呂布 1-1 にいな

Game 3


1ターン目に 《メンデルスゾーン》 をチャージしたにいなに 《特攻人形ジェニー》 が突き刺さり、 《超戦龍覇 モルトNEXT》 が捨てさせられる。そして、さらに2枚目の 《特攻人形ジェニー》 プレイされるのだが、ディスカードされたのが、なんと 《永遠のリュウセイ・カイザー》 でバトルゾーンに突然ドラゴンが登場する。

この 《永遠のリュウセイ・カイザー》《蒼き団長 ドギラゴン剣》 へと革命チェンジ。ファイナル革命こそないものの、一気に3枚ブレイクし、呂布はトリガーがない。

呂布は珍しく長考した後に 《虚構の影バトウ・ショルダー》 を召喚してターンを終える。
にいなは再び 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 でアタック。ここは 《テック団の波壊Go!》 がトリガーして 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 が破壊される。呂布は 《超次元リバイヴ・ホール》《特攻人形ジェニー》 を回収しつつ 《勝利のリュウセイ・カイザー》 をバトルゾーンに出し、続くターンもにいなにアクションがなかったので 《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》 を展開する。

しかし、このターンににいなは 《スクランブル・チェンジ》 から 《超戦龍覇 モルトNEXT》 。展開されるドラグハートは 《》 。めくれたトップは 《メンデルスゾーン》 だったが……呂布の手札には 《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》 から使用できるカードは無いのだった。

呂布 1-2 にいな

Winner:にいな

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY