TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2016 準々決勝:せいな vs. あっきー

グランプリ覇者であるせいなが、日本王者のタイトルをも手中に収めるべく決勝トーナメントに進出した。使用するデッキは王者の風格を匂わす火自然闇ダブルモルト。

そんなせいなのダブルタイトルを阻止するべく立ちはだかるのは、東北エリア代表のあっきー。使用するデッキは、打点系デッキ相手に環境最強の受けを誇る光水闇ミラダンテロージア。

通常の打点系デッキ相手であれば有利がつくのは光水闇ミラダンテロージアではあるが、せいなが使用するのは、そこらの速攻や、モルネクすらも凌駕する環境最重打点を誇るデッキである。果たしてこの重い打点を受けきることはできるのか注目していきたい。

予選ラウンドで3位のあっきーが先攻。初手は 《クリスタル・メモリー》 をチャージする。
初動は、2ターン目せいなの 《メンデルスゾーン》 。ここで2マナ加速に成功し、一気に有利を確立していく。そして、そのまま、3ターン目には 《フェアリー・ライフ》 をプレイし、次のターンにはこのデッキのキーのマナ域である7マナまでマナが伸びることが確定する。

このターンまでアクションなしのあっきー。当然、次のターンが勝負のターンになることは理解しているわけで、まずはせいなの手札が3枚であることを確認する。とはいえ、有効打がない状態なわけで 《コアクアンのおつかい》 をプレイし、 《ZERO ハンド》《魂と記憶の盾》 を手札に加える。

高速打点を作るデッキ全般に有効な 《ZERO ハンド》 ではあるが、唯一モルト系のデッキにのみ効きにくい。緊張した状態でせいなの7マナを迎えるが、ここでのせいなのアクションが 《フェアリーの火の子祭》 で、一旦はこのターンに負ける可能性はなくなる。せいなは続いて手札に戻った 《フェアリーの火の子祭》 をプレイし、このターンにさらに2マナ加速する。

しかし、せっかく獲得したターンに、手札が事故気味のあっきーは有効なアクションを起こせない。ふたたび 《コアクアンのおつかい》 を使用し 《閃光の守護者ホーリー》 《青寂の精霊龍 カーネル》 を手札に加えるのみにとどまる。

せいなは 《超戦龍覇 モルトNEXT》 を召喚する。完全に手札の状況がよくないことが目に見えるあっきーの状況を考えて、 《闘将銀河城 ハートバーン》での即時決着ではなく、 《》 の設置でトリガーをケアできる重厚な攻めのプランを選択する。

《超戦龍覇 モルトNEXT》 の2回アタックと 《闘将銀河城 ハートバーン》 が動き出してしまっては勝負にならないあっきー。さきほど手札に加えた 《青寂の精霊龍 カーネル》 を召喚し 《超戦龍覇 モルトNEXT》 のアタックを封じる。続くターンにせいなは《偽りの王 ヴィルヘルム》を召喚し、攻めをさらに太くしつつ、 《青寂の精霊龍 カーネル》 を除去しあっきーのマナを減らす。
プランを思うように構築できないあっきーはマナをチャージした後に長考。圧倒的な打点を前に検討するが、出来る限り打点を減らせるように最大打点の《超戦龍覇 モルトNEXT》《魂と記憶の盾》 でシールドへと送り込む。

ターンが帰ってきたせいなは、マナを10枚タップする。

バトルゾーンに降臨したのは 《二刀龍覇 グレンモルト 「王」》 。装備されたのはモルキン界最強の組み合わせ、 《無敵王剣 ギガハート》 《銀河剣 プロトハート》

1回目の 《二刀龍覇 グレンモルト 「王」》 のアタックによる 《》 で山札の上からめくれたのはなんと2枚目の 《二刀龍覇 グレンモルト 「王」》 !天に王はふたりは必要ないが、せいなのバトルゾーンにはいくらでも王が並ぶ。この二人目の王は、 《銀河大剣 ガイハート》 《将龍剣 ガイアール》 を装備し、さらに 《》 へと三段龍解を果たす。

1枚目のシールドブレイクで 《青寂の精霊龍 カーネル》 をトリガーし、二人目の 《二刀龍覇 グレンモルト 「王」》 の攻撃を封じるが 《銀河剣 プロトハート》 でアンタップした 《二刀龍覇 グレンモルト 「王」》《将龍剣 ガイアール》 を始めとして、次々とドラグハート・ウェポンたちを龍解させていく。

だが、ドラグハートたちがシールドをブレイクすることはなかった。

《》 のアタックが 《龍の極限 ドギラゴールデン》 へと革命チェンジしようとするが、龍回避が発動することでチェンジに失敗し 《龍の極限 ドギラゴールデン》 が手札に戻るが、 《》 のアタック時能力でドラゴンが出ることで 《》 が再龍解するというループが発動し、山札のドラゴンを好きなだけ出せる状態となる。

ここで 《勝利宣言 鬼丸「覇」》 がでたことで、相手のトリガーがケアできると判断したせいなはついにシールドのブレイク。

ガチンコジャッジで勝利しターンを得たせいなは、追加ターンを待たずしてそのまま勝利したのだった。

Winner:せいな

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY