デュエル・マスターズ

メニュー
商品情報

全国大会2016 準決勝:武田 vs. せいな

デュエル・マスターズ「日本一決定戦」、長い闘いもついにここまでやってきた。

2016年度の「王者」となる頂きまで残り僅か、2戦。

そこに手をかけんとする2人が、フィーチャーテーブルに現れた。

「この環境謎すぎる!!!w」

……ややハイテンション気味に語る男が、そこにいた。

《超戦龍覇 モルトNEXT》 、そして 《二刀龍覇 グレンモルト 「王」》 という2つの「モルト」を手にここまで駆け上がってきた。DMGP2nd覇者「せいな」だ。

そして、その「せいな」を迎え撃たんとする男がまた一人、激戦区である関西エリア予選からここまで勝ち上がってきた、勢いなら決して負けていない、「火光レッドゾーン」を駆る新鋭、武田。

「せいな」と「武田」。二人のプレイヤーのぶつかり合いの模様を、お届けしよう。

予選ラウンドの順位により、先攻権を得ているせいなは先手2ターン目 《メンデルスゾーン》 、3ターン目 《フェアリーの火の子祭》 によって一気にマナを増幅させる。

後手である武田はその間特にアクションが無く、マナをセットするのみでターンを返す。

そして迎えるせいなの4ターン目。7枚目のマナをセットすると、手札から1枚のカードを静かに場に置いたのは…… 《超戦龍覇 モルトNEXT》
そして、そのマナ武装能力により、超次元ゾーンから呼び出される、 《闘将銀河城 ハートバーン》
……これによりスピードアタッカーを得た 《超戦龍覇 モルトNEXT》 が武田のシールドゾーンに襲い掛かる。

武田「シールドトリガー、 《ヘブンズ・フォース》 …… 《轟速 ザ・ゼット》 を出します」

武田「シールドトリガー、 《超次元サプライズ・ホール》 …… 《時空の踊り子マティーニ》 を出します」

武田、ここにきて2枚連続のシールドトリガー!……流石はここまで勝ち上がってきただけのことはある。簡単に倒れるようなプレイヤーではない。 《時空の踊り子マティーニ》 をブロッカーとして差し出すことにより、 ≪超戦覇龍 ガイNEXT≫ のトリプルブレイカーを食い止める。

これにより土俵際で耐えた武田、 《単騎連射 マグナム》 を場に出した上で、先ほど場に出された 《轟速 ザ・ゼット》 をアタックに向かわせると、 《熱き侵略 レッドゾーンZ》 そして 《轟く侵略 レッドゾーン》 を一気に2枚「侵略」!

せいなのシールドを1枚焼却すると共に、 ≪超戦覇龍 ガイNEXT≫ を破壊し、シールドを残り1枚まで追い詰めてみせる。

そしてその後、武田は静かにターンを明け渡した。

ここで一度盤面を整理しよう。

■せいな(シールド1枚)
《超戦龍覇 モルトNEXT》
《闘将銀河城 ハートバーン》

■武田(シールド3枚)
《轟く侵略 レッドゾーン》(タップ状態)
《単騎連射 マグナム》

見てのとおり、「盤面だけ」見ると、武田にはターンは帰ってこない。そう、武田は賭けたのだ。己に残された「3枚のシールド」に全てを。

だが、せいなは、DMGP2ndの覇者は、さらにその斜め上を行ってみせた。

《超戦龍覇 モルトNEXT》 の2枚目!

そして、超次元ゾーンから導かれる1枚、 《銀河剣 プロトハート》!!
「■これを装備したクリーチャーが各ターンはじめてタップした時、アンタップする。」

「アンタップする。」そう、アンタップするのである。

ここにきて、武田のデッキに採用されているシールドトリガーのうち、「最強のシールドトリガー」と言って差し支えない1枚、 《閃光の守護者ホーリー》による生存ルートは今や封じられた。

そして、せいなによる攻撃が開始される。

1体目。 《超戦龍覇 モルトNEXT》 によるダブルブレイク。

シールド1枚目…… 《閃光の守護者ホーリー》 !!!!!!
生き残れたはずだった。目の前の対戦相手が 《銀河剣 プロトハート》採用していなければ。

しかし、現実は違った。目の前の対戦相手「GP覇者せいな」は採用していた。
せいな《銀河剣 プロトハート》 の効果によりアンタップ、 《闘将銀河城 ハートバーン》 龍解します」

武田の駆る 《轟く侵略 レッドゾーン》 によって一度眠りについた ≪超戦覇龍 ガイNEXT≫ が再び甦る。

さらに自身の効果によってアンタップする1体目の 《超戦龍覇 モルトNEXT》、そして 《銀河剣 プロトハート》 を装備した2体目の 《超戦龍覇 モルトNEXT》 が再び武田に襲い掛かる!!

武田の盤面に降臨した 《閃光の守護者ホーリー》《超戦龍覇 モルトNEXT》 の攻撃を受け止めるものの、残った1枚のシールドでは、残る 《超戦龍覇 モルトNEXT》 と ≪超戦覇龍 ガイNEXT≫ の攻撃を防ぎきることは、叶わなかった。

武田「……通ります。ありがとうございました。」

武田の投了の声を聞くなり、せいなは喜びを爆発させながらこう叫んだ、

「力こそパワー!!!!!」

そして、こう続けた。

《銀河剣 プロトハート》 に気づいたのが2日前だったんです!!」

自身の戦略を見事に的中させ、勝利を手に入れたせいなが、見事決勝戦へと駒を進めた。

デュエル・マスターズ「日本一決定戦」準決勝、勝者は「せいな」!!!!

PAGE TOP

TM and © 2022, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY