デュエル・マスターズ

メニュー
商品情報

全国大会2019:メタゲームブレイクダウン~アドバンス~

ライター:清水 勇貴

 いよいよ開幕した日本一決定戦2019。前半戦のフォーマットとなるアドバンス環境のメタゲームブレイクダウンをお届けしていく。

 日本全国の強豪たちはどのようなデッキを選択したのだろうか? まずはメタゲームの基礎となる各デッキの使用者数から確認しよう。


■【モモキングダム退化】・・・23名

■【火単ブランド】・・・12名

■【4cドラグナー】・・・5名

■【ガイアッシュ覇道】・・・2名

■【4cギャラクシールド】・・・1名

■【60枚グラスパーキリコ】・・・1名

■【火単旅路G3】・・・1名

計45名

 蓋を開ければ【モモキングダム退化】、【火単ブランド】、【モモキングダム退化】、【火単ブランド】……。

 強烈なパンチャーを高速で押し付けることに長けたデッキがメタゲームの大部分を占めることとなった。

 現代デュエマのビートダウンデッキは、火力が高ければ攻め手も豊富。きっちり回れば、どれだけ防御力に優れたデッキでも手が付けられない。

 対応する側に回ることを嫌い、対応させる側を選択した選手が多かったということだろう。

 環境で名前を聞く機会も多いデッキたちが立ち並ぶ中、それぞれのデッキについて

【モモキングダム退化】

 ◆ドラ焼き
 デュエル・マスターズ 全国大会2019
 日本一決定戦 アドバンス構築
 20 クリーチャー
4 《禁断英雄 モモキングダムX》
3 《未来王龍 モモキングJO》
4 《キャンベロ <レッゾ.Star>》
4 《禁断のモモキングダム》
1 《神帝英雄 ゴッド・モモキング》
3 《無双龍騎 ボルバル・モモキング》
1 《怒りの影ブラック・フェザー》
 4 ツインパクト
4 《雪溶の鎖/堕牛の一撃》
 16 呪文その他
1 《エボリューション・エッグ》
4 《進化設計図》
4 《新世界王の破壊》
4 《バッドドッグ・マニアクス》
3 《斬罪 シ蔑ザンド》
 8 超次元ゾーン
1 《轟く覚醒 レッドゾーン・バスター》
1 《始原塊 ジュダイナ》
1 《銀河大剣 ガイハート》
1 《始まりの龍装具 ビギニング・スタート》
1 《覇闘将龍剣 ガイオウバーン》
1 《邪帝斧 ボアロアックス》
1 《銀河剣 プロトハート》
1 《獄龍刃 ディアボロス》
 12 超GRゾーン
2 《ナギー・ナグナグ》
2 《ブルンランブル》
2 《硬直 TL-20》
2 《シェイク・シャーク》
2 《オーマ 丙-二式》
2 《ロッキーロック》


18/23。

 この数字は、【モモキングダム退化】の定番パーツである《アルカディアス・モモキング》をデッキに採り入れなかったプレイヤーの割合だ。

 雑多なデッキに対して強烈なフィニッシャーとなりうる《アルカディアス・モモキング》だが、日本一決定戦は「強いプレイヤー」のみが集う最高峰の舞台。

 【モモキングダム退化】ミラーや【火単ブランド】とのマッチアップでは効果が薄く、【4cドラグナー】も《ドラゴンズ・サイン》で容易に乗り越え、展開を作られてしまう。

 23人の選手のうち実に18人が《アルカディアス・モモキング》を採用しなかったのは、「お前たちだって《アルカディアス・モモキング》で詰むような弱いデッキは持ってこないだろう?」という、ライバルへの信頼の表れなのかもしれない。

【火単ブランド】

 アーチー
 デュエル・マスターズ 全国大会2019
 日本一決定戦 アドバンス構築
 40 クリーチャー
4 《凶戦士ブレイズ・クロー》
4 《ブンブン・チュリス》
4 《爆鏡 チッタ》
4 《グレイト“S-駆”》
4 《カンゴク入道》
4 《斬斬人形コダマンマ GS》
4 《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》
3 《龍装者 バルチュリス》
1 《“轟轟轟”ブランド》
4 《“罰怒“ブランド》
4 《我我我ガイアール・ブランド》
 8 超次元ゾーン
1 《轟く覚醒 レッドゾーン・バスター》
1 《邪帝斧 ボアロアックス》
1 《始原塊 ジュダイナ》
1 《覇闘将龍剣 ガイオウバーン》
1 《銀河剣 プロトハート》
1 《銀河大剣 ガイハート》
1 《獄龍刃 ディアボロス》
1 《始まりの龍装具 ビギニング・スタート》
 12 超GRゾーン
2 《“魔神轟怒”ブランド》
2 《ドドド・ドーピードープ》
2 《ソニーソニック》
2 《ポッポーポップコー》
2 《ゴルドンゴルドー》
2 《ブルンランブル》


 通常の大会ではメタクリーチャーを一切採用しない構築も珍しくない【火単ブランド】。

 だが、今回の日本一決定戦2019では、出場者のほとんどが《こたつむり》、あるいは《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》のためにデッキの3〜4枠を割く結果となった。

 最大の仮想敵は、言わずもがな【モモキングダム退化】だろう。

 《こたつむり》は単純に殴り手として強く、【火単ブランド】ミラーも見られる手堅い選択肢。ただし、2ターン目に《禁断英雄 モモキングダムX》を設置された場合はメタとしての意味をなさないのが弱点だ。

 《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》はほぼ【モモキングダム退化】ピンポイントながら、《バッドドッグ・マニアクス》がなければ動けなくなる強烈なメタカードとなる。

 テンプレートに甘んじず、環境を鋭敏に読み切った結果だと言えるだろう。

【4cドラグナー】

 ZweiLance
 デュエル・マスターズ 全国大会2019
 日本一決定戦 アドバンス構築
 25 クリーチャー
4 《ボルシャック・栄光・ルピア》
4 《最終龍覇 グレンモルト》
4 《切札勝太&カツキング ー熱血の物語ー》
3 《インフェル星樹》
3 《悪魔龍 ダークマスターズ》
3 《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》
2 《熱核連結 ガイアトム・シックス》
1 《時の法皇 ミラダンテⅫ》
1 《蒼き団長 ドギラゴン剣》
 5 ツインパクト
3 《天命龍装 ホーリーエンド / ナウ・オア・ネバー》
2 《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ /「未来から来る、だからミラクル」》
 10 呪文その他
4 《メンデルスゾーン》
4 《ドラゴンズ・サイン》
1 《龍の呼び声》
1 《禁断 ~封印されしX~》
 8 超次元ゾーン
1 《始原塊 ジュダイナ》
1 《爆熱剣 バトライ刃》
1 《銀河大剣 ガイハート》
1 《轟く覚醒 レッドゾーン・バスター》
1 《始まりの龍装具 ビギニング・スタート》
1 《爆銀王剣 バトガイ刃斗》
1 《覇闘将龍剣 ガイオウバーン》
1 《邪帝斧 ボアロアックス》
 12 超GRゾーン
2 《ポッポーポップコー》
2 《ソニーソニック》
2 《グッドルッキン・ブラボー》
2 《ドドド・ドーピードープ》
2 《ブルンランブル》
2 《“魔神轟怒”ブランド》


 デュエチューブでもお馴染みのZweiLance選手と、盟友おんそく選手が持ち込んだのは、独特のカード選択を組み込んだ【4cドラグナー】……いや、【5cドラグナー】だ。

 《悪魔龍 ダークマスターズ》《熱核連結 ガイアトム・シックス》を追加採用することでドラゴンを増やしながら闇文明の枚数を9枚確保。

 闇文明が増えたことでマナを伸ばして手札から《最終龍覇 グレンモルト》をプレイしやすく、追加の受け札として《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》をスーパー・S・バックできるようになっている。

 また、《悪魔龍 ダークマスターズ》と相性のいいカードとして、≪ナウ・オア・ネバー≫も追加採用されており、ビートダウンデッキに対してトリガー率をあげるとともに、早期のハンデスによるゲームコントロールも可能。

 「対策されきった定番のデッキ」に大胆なアップグレードを施し、【モモキングダム退化】と【火単速攻】が跋扈する環境でZweiLanceおんそく両選手はそれぞれ4-0、3-1の好成績を記録している。

その他のデッキ

 多くのプレイヤーが強力さの周知されたデッキを選択する中、ビートダウン環境を読み切ったデッキチョイスを見せたのがぴゅう選手だ。

 ぴゅう
 デュエル・マスターズ 全国大会2019
 日本一決定戦 アドバンス構築
 25 クリーチャー
4 《天災 デドダム》
4 《流星のガイアッシュ・カイザー》
4 《「光魔の鎧」》
4 《「絶対の楯騎士」》
3 《終末の監視者 ジ・ウォッチ》
2 《インフェル星樹》
2 《「雷光の聖騎士」》
2 《唸る鉄腕 ギリガザミ》
 25 呪文その他
4 《フェアリー・Re:ライフ》
4 《地龍神の魔陣》
4 《護天!銀河MAX》
3 《DG-パルテノン ~龍の創り出される地~》
3 《【マニフェスト】チームウェイブを救いたい【聞け】》
3 《テック団の波壊Go!》
3 《ヴィオラの黒像》
1 《希望のジョー星》
 6 超次元ゾーン
4 《轟く覚醒 レッドゾーン・バスター》
2 《13番目の計画》
 12 超GRゾーン
2 《クリスマⅢ》
2 《サザン・エー》
2 《カット 丙-二式》
2 《ソゲキ 丙-一式》
2 《天啓 CX-20》
2 《ロッキーロック》


 とにもかくにも防御性能が非常に高く、【モモキングダム退化】や【火単ブランド】の超高火力デッキさえも真正面から受け切れるよう構築されているのが最大の特徴。

 ミッドレンジ寄りのデッキに対しても《流星のガイアッシュ・カイザー》×《終末の監視者 ジ・ウォッチ》という最強の蓋を手に立ち向かい、ぴゅう選手はアドバンスラウンド全勝を記録している。


総括

 アドバンスラウンドの全勝者は3名おり、それぞれの使用デッキは、【モモキングダム退化】、【5cドラグナー】、【4cギャラクシールド】。

 ビートダウンデッキの海となることを見事に読み切り、防御性能を高めたデッキを使用したプレイヤーが結果として2席を占めることとなった。

 だが、多くの強豪プレイヤーが「【モモキングダム退化】が最強デッキである」と結論し、持ち込んだ事実はしかと胸に刻むべきだろう。

 現在のアドバンス環境を支配するのは、紛れもなく王来篇の主人公、モモキングなのだ。

PAGE TOP

TM and © 2022, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY