TAKARATOMY

さがす
English

カテゴリ:デュエル・マスターズ 超CSⅡ テキストカバレージ

金沢超CSⅡ デッキテク:dj東選手『ガンガンマンモスミラダンテ』

  by 河野 真成
 今回の超CSでは、前評判の高かったデッキが順当に強かった。多くのプレイヤーがバスター、ジョーカーズ、デスザーク……といった選択とする中で、予選の上位卓に作成者の気概を感じるリストがあったのでそれを紹介しよう。
 その名も『ガンガンマンモスミラダンテ』である。

 使用したのは兵庫から来たというdj東。普段は音楽動画などを投稿する傍ら、父・弟とともにデュエル・マスターズに取り組んでいるという。今回のリストも、家族で作り調整したものだ。

『ガンガンマンモスミラダンテ』
 メインデッキ
 《牙神兵ガンガン・マンモス》 ×4
 《夜露死苦 キャロル》 ×4
 《キリモミ・ヤマアラシ》 ×4
 《サイバー・チューン》 ×4
 《勇愛の天秤》 ×4
 《斬隠蒼頭龍バイケン》 ×4
 《時の法皇 ミラダンテXII》 ×3
 《異端流し オニカマス》 ×3
 《サイコロプス》 ×3
 《単騎連射 マグナム》 ×1
 《音精 ラフルル》 ×1
 《閃光の守護者ホーリー》 ×2
 《青寂の精霊龍 カーネル》 ×1
 《超次元の手ブルー・レッドホール》 ×1
 《業火の禁断エリア》 ×1

 超次元デッキ
 《勝利のプリンプリン》 ×1
 《勝利のリュウセイ・カイザー》 ×1
 《勝利のガイアール・カイザー》 ×1
 《紅蓮の怒 鬼流院 刃》 ×1
 《アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>》 ×1
 《アルプスの使徒メリーアン》 ×1
 《ブーストグレンオー》 ×1
 《》 ×1

ポイント1:マンモスとミラダンテ

 元々《牙神兵ガンガン・マンモス》が好きで昔からよく使っていたというdj東。ご存知の方も多いと思うが、改めてデッキの基本ギミックを紹介したい。
 そもマンモスワンショットとは何か。《牙神兵ガンガン・マンモス》はアタックする際に手札を1枚捨てることによってアンタップするという能力を持つが、この時捨てるカードを《夜露死苦 キャロル》にすると、《夜露死苦 キャロル》は捨てた直後手札に帰ってくる。要は《牙神兵ガンガン・マンモス》《夜露死苦 キャロル》を組み合わせた無限アタックコンボだ。《牙神兵ガンガン・マンモス》をスピードアタッカーにする役割は《キリモミ・ヤマアラシ》が担い、《夜露死苦 キャロル》の効果起動条件が「マナゾーンに水と火のカードがあること」であるため、基本的に水火の2色がデッキのベースカラーとなる。コンボパーツを集めるためのドローソースは、《夜露死苦 キャロル》の能力を生かした《勇愛の天秤》《サイバー・チューン》といったカードが採用しやすい。
 基本的に《牙神兵ガンガン・マンモス》《夜露死苦 キャロル》《キリモミ・ヤマアラシ》、ドローソースといったカードのみでギミックそのものは完結するため、デッキの枠には余裕がある。《斬隠蒼頭龍バイケン》《勇愛の天秤》《サイバー・チューン》との相性がよく、防御札として採用するのは自然の流れだろう。
 問題はそこから先だ。
 防御以外の形でも《斬隠蒼頭龍バイケン》を生かしたい。そこで採用されたのが《時の法皇 ミラダンテXII》だ。
 マンモスワンショットは打たれ強いデッキではなく、初撃を《斬隠蒼頭龍バイケン》で返しても断続的に攻めてくるようなビートダウンには厳しい。だが《時の法皇 ミラダンテXII》はこの問題を解決する。《時の法皇 ミラダンテXII》の着地は、相手の次なるクリーチャーの召喚を防ぎ、攻撃を散発的にできるからだ。
 なお副産物ではあるが、《キリモミ・ヤマアラシ》から《斬隠蒼頭龍バイケン》を召喚し、即座に革命チェンジして《時の法皇 ミラダンテXII》を出すプレイをすることもあるという。特に《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》などを設置してくる相手には有効とのことだった。

ポイント2:デッキを補うサポートカード

 加えて脇を固めるサポートカードのチョイスが光る。
 《異端流し オニカマス》はもちろん、《サイコロプス》は多くの環境デッキについて強烈に作用するカードだ。例えばdj東は3回戦で当たったバスターに対し、3ターンでバスターアパッチで走られたものの《斬隠蒼頭龍バイケン》とこのカード、そして仕上げに《時の法皇 ミラダンテXII》の組み合わせで勝利を収めている。
 ただでこのデッキはブロッカーを並べるデッキには弱く、ロージア等の対戦はかなり厳しい展開となる。
 だからこそ、対策カードも積まれている。
 例えば、《超次元の手ブルー・レッドホール》は全体をアンブロッカルにするカードだ。また《業火の禁断エリア》は相手の《Dの牢閣 メメント守神宮》等を剥がすだけでなく、全体のパワーを押し上げる。禁断エリアのかかった《牙神兵ガンガン・マンモス》のパワーは14999。例えばあの≪真・天命王 ネバーエンド≫の14500ですら上回る。
 トリガーにホーリーを組み合わせている点も見逃せない。トリガーさせた際に相手のブロッカーを無効化しやすい、とdj東は語る。少しでも苦手を克服しようとして生まれた形であろう。

総括

 こうして苦心の末に生まれた『ガンガンマンモスミラダンテ』。今回は予選で5-2の成績を残したものの、惜しくもオポーネントで敗退となった。それでもリストから"dj東一家"の工夫や努力、そして思い切りの良さといったものを窺うことが出来るだろう。

このカテゴリの記事一覧