デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

召喚に関する裁定変更のお知らせ

「バトルゾーンにクリーチャーを出せない状況でのクリーチャーの召喚」について裁定変更がありましたので、お知らせいたします。

変更前の裁定
クリーチャーをバトルゾーンに出せない状況でも、クリーチャー・カードを使用して、それを召喚することができる。
召喚した結果、そのクリーチャーはバトルゾーンに出ないので、手札にとどまる。



変更後の裁定
クリーチャーをバトルゾーンに出せない状況では、クリーチャー・カードを使用することができない。
よって、クリーチャーを召喚することもできない。



クリーチャーをバトルゾーンに出せない状況とは、以下の条件のいずれかを満たす状況のことを指します。
1.能力や効果によってバトルゾーンにクリーチャーが出ることが禁止されている状況(《ラドン・ベップバーン》など、任意の条件により出ることが禁止されている場合を除く)
2.進化クリーチャーの進化元が存在していない状況(デッキ進化や手札進化など、召喚手順の中で条件を満たすか否か決定する場合を除く)


裁定変更に伴い、今後は以下の通りの処理となります。

例1
Q:相手の《バリバリ・ケドケド》がバトルゾーンにいる状況で、自分はマナゾーンから《陰陽の舞》の「マナ爆誕0」を使用できますか?
A:いいえ、できません。マナゾーンからクリーチャーをバトルゾーンに出せない状況では、マナゾーンからクリーチャー・カードを使用し、召喚することもできません。召喚ができないので召喚手順を開始できず、「マナ爆誕」の代替コストによる召喚を行うこともできません。

例2
Q:相手の《ジェイ-SHOCKER》の能力により、自分はコスト8のカードがバトルゾーンに出せない状況です。 この状況で《煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト》の代替コストによる召喚を行い、自分のクリーチャーを3体破壊できますか?
A:いいえ、できません。コスト8のカードがバトルゾーンに出せない状況では、コスト8のクリーチャー・カードを使用し、召喚することもできません。召喚ができないので召喚手順を開始できず、代替コストを支払うこともできません。

例3
Q:相手の《ジェイ-SHOCKER》の能力によりコスト6のクリーチャーがバトルゾーンに出せない状態です。この時、コスト6の《「蒼刀の輝将」》の「ギャラクシールド」を使えますか?
A:いいえ、使えません。バトルゾーンに出すことが禁止されている状況では、召喚を行うこともできません。召喚を行うことができない状況では「ギャラクシールド」を使うこともできないので、《「蒼刀の輝将」》をシールドゾーンに表向きで置くこともできません。

例4
Q:バトルゾーンに相手の《ラドン・ベップバーン》がいて、自分はマナゾーンにアンタップ状態のカードが8枚あり、最大8コスト支払える状況です。自分のターン中、自分は手札から《煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト》を召喚できますか? また、召喚できる場合、代替コストを支払うことはできますか?
A:召喚できますが、代替コストによる召喚はできません。《ラドン・ベップバーン》の能力により、マナゾーンをタップして召喚する以外の方法ではクリーチャーがバトルゾーンに出ません。8コスト支払って《煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト》を召喚することはできますが、代替コストを支払ってマナゾーンのカードをタップせずに召喚することはできません。


また、裁定変更後もクリーチャーをバトルゾーンに出せない状況で「S・トリガー」や「ニンジャ・ストライク」など、クリーチャーを召喚する能力の使用宣言をすることは可能です。
ただし、その解決を行うタイミングでも引き続きクリーチャーをバトルゾーンに出せない状況だった場合、召喚を行うことはできません。

例1
Q:相手の《ジェイ-SHOCKER》の能力によりコスト6のカードがバトルゾーンに出せない状態です。この状況で相手のクリーチャーが攻撃してきた時、自分は手札から《轟牙忍 ハヤブサリュウ》の「ニンジャ・ストライク」を宣言し、召喚を行えますか?
A:「ニンジャ・ストライク」の使用宣言はできますが、召喚は行えません。結果的に《轟牙忍 ハヤブサリュウ》は手札にとどまり、何も起こりません。

例2
Q:相手の手札は3枚です。相手の《メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ》が攻撃し、自分のシールドをブレイクした際、自分は《終末の時計 ザ・クロック》の「S・トリガー」を宣言できますか?
A:はい、宣言できます。また、他の呪文の「S・トリガー」などで《メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ》がバトルゾーンを離れたり、相手の手札が3枚より少なくなっていた場合、宣言した《終末の時計 ザ・クロック》をそのまま召喚することが可能です。


また、以下のような「かわりにバトルゾーン以外のゾーンに置かれる」状況や、「特定のゾーンを離れない」状況では、引き続きクリーチャーの召喚を行うことが可能です。

例1
Q:バトルゾーンに自分の《FORBIDDEN STAR~世界最後の日~》があり、相手には《龍世界 ドラゴ大王》がいます。この状況で、自分は《終断Δ ドルハカバ》を召喚できますか? また、この召喚によって《FORBIDDEN STAR~世界最後の日~》の封印を1つ外せますか?
A:はい、召喚できますし、封印を外せます。《終断Δ ドルハカバ》は結果的にバトルゾーンに出るかわりに墓地に置かれます。

例2
Q:バトルゾーンに自分の《FORBIDDEN STAR~世界最後の日~》があり、相手には《封鎖の誓い 玄渦》がいます。この状況で、自分は墓地にある《終断Δ ドルハカバ》を召喚できますか? また、この召喚によって《FORBIDDEN STAR~世界最後の日~》の封印を1つ外せますか?
A:はい、召喚できますし、封印を外せます。《終断Δ ドルハカバ》は結果的に墓地にとどまります。


今回の裁定変更において、一部の方に混乱を招いた事をお詫び申し上げます。
引き続き、デュエル・マスターズをよろしくお願い致します。

PAGE TOP

TM and © 2021, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY