TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2016 準々決勝:けみー vs. 砕月

今回の日本一決定戦『革命ファイナルカップ』で一大勢力となったのは光水の《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》 を使ったデッキ。

ベスト8に2人を送り込む結果となったのだが、その一人がけみー選手。

一方の砕月選手は新環境のメタゲームを読み切り、独自のチューンを施したビックマナで予選ラウンドを抜けた。

受けるデッキの砕月選手と攻めるデッキのけみー選手の構図となったこの対決。

準決勝へ駒を進めるのは果たしてどちらか?

予選の順位により砕月選手の先攻となりデュエマ・スタート!

けみー選手は序盤から2体の 《制御の翼 オリオティス》《聖鐘の翼 ティグヌス》 《タイム1 ドレミ》 を展開。

対する砕月選手は 《ブラッサム・シャワー》 《フェアリー・シャワー》 でマナを伸ばす。

お互い順調に動けている様に見えるが、けみー選手の並べたクリーチャーで現状、砕月選手の行動を制限しているのは 《タイム1 ドレミ》 だけとなる。

今の状態では攻撃にも向かえないのでいち早く 《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》 が駆けつけることを願うばかりである。

砕月選手は順調に伸ばしたマナから 《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》 を召喚し、けみー選手のデッキのキーとなる革命チェンジを封じる。

けみー選手はこの脅威を 《オリオティス・ジャッジ》 によって何とか対処するが、次なる手として砕月選手は 《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》 を設置。
ここでようやく 《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》 に辿り着けたけみー選手は大量ドロー後に 《黙示賢者ソルハバキ》 を召喚しマナゾーンの 《ダイヤモンド・ソード》 をマナゾーン回収。

けみー選手の戦線にいる2体の 《制御の翼 オリオティス》 と1体の 《聖鐘の翼 ティグヌス》 は攻撃に参加できないので、ここでの 《ダイヤモンド・ソード》 回収は必要不可欠といえる。

こうして総攻撃への準備は整ったかのように見えるが砕月選手が設置した 《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》 が抑止力となっているのか、ここはひとまずターンを終える。
けみー選手の動きから、そろそろ総攻撃が来そうな気配を察知したのか砕月選手は 《偽りの王 ヴィルヘルム》 を召喚してバトルゾーンの 《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》 とマナゾーンの 《音精 ラフルル》 を破壊し、相手の打点を減らす。

6体のクリーチャーで7打点を擁していたけみー選手の戦線がこれにより5体の5打点に減り 《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》 を考慮すると再び攻めづらい状況に。

前のターン、攻撃をせずにエンドした材料となったのはけみー選手の手札にある 《Dの牢閣 メメント守神宮》
《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》 のD2スイッチにより戦線が崩壊してしまう可能性があるだけでなく、放っておいたら相手の手札がどんどん増えてしまうのでダブルバインドな状況を覆すためには1ターンを犠牲にしてでも《Dの牢閣 メメント守神宮》 を出したかったのだ。

しかし 《偽りの王 ヴィルヘルム》 によって打点が足りなくなってしまったため、けみー選手はフィールドを貼りかえるのみでターンを返す。

そして、砕月選手のターン開始時に 《Dの牢閣 メメント守神宮》 のDスイッチを起動し 《偽りの王 ヴィルヘルム》 をタップさせる。
けみー選手に先手を取らせまいと対応を迫るカードを突き付けてきた砕月選手は大量のマナから 《タイム3 シド》の制限をものともせずに 《テック団の波壊Go!》 を唱え、けみー選手バトルゾーンのカードを全て手札に戻した!!

続けざまに 《ピクシー・ライフ》 を唱えると、けみー選手の攻勢に対して蓋をすることができる 《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》 をマナゾーンから回収!!

これには苦しい表情を浮かべるけみー選手!!

一応はクリーチャーを展開し直すが 《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》 によって再びけみー選手のクリーチャーは手札に戻されてしまう。

砕月選手がここでいよいよ 《偽りの王 ヴィルヘルム》 を攻撃に向かわせるとけみー選手は状況を打開するトリガーを引くことができず、再展開したクリーチャーを再び 《テック団の波壊Go!》 戻されると万事休すとなってしまうのであった。

残り2枚のシールドを確認すると観念した顔を見せるけみー選手。こうして砕月選手のダイレクトアタックが決まったのであった!!

Winner:砕月選手

新環境のメタゲーム予想の結果、火単系の侵略デッキと成長バスター( 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 のデッキ)への対策を切り、光水全般への対策カードを厚めに取った砕月選手。

予想通り光水の文明が最大勢力となり読みが当たったのだが、予選ラウンドでは1回も当たらなかったという。

決勝ラウンドというより重要なタイミングで遂に当たり目論通り勝利した砕月選手。

残りの2ラウンドでも先見の明を発揮し、栄光の優勝を掴み取ることができるのか、乞うご期待である!!

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY